円形脱毛症になったらアルコール(お酒)は飲んでいいの?メリットデメリットを紹介!

スポンサーリンク



お酒を飲むことは円形脱毛症の直接的な原因にはなりません。

実際に脱毛が起こると落ち込みますしお酒も飲みたいですよね。

でも、治療をしている、早く改善したい、といった場合には少し考えなければいけません。

今回は円形脱毛症とアルコールの関係について調べたことを紹介したいと思います。

アルコールが髪に与える良い影響と悪い影響について

過度のアルコール摂取は血液循環を悪化させ、肝機能を低下させます。

アルコールを分解するために髪の毛を作る成分が使われてしまい。元気になって欲しい髪の毛まで栄養が行かなくなってしまいます。

二日酔いになったり、翌日の体調に影響が出るほどの飲酒はやめましょう。

ただ、悪いことばかりではなく、適度のアルコール摂取は髪の毛に良い影響を与えてくれます。

アルコール類には育毛に効果のある成分がそれぞれ含まれていてます。

ビール→ビール酵母・ビタミンB群

焼酎→プラスミノーゲン・ウロキナーゼ

日本酒→コウジ酸・フェルラ酸

ちなみに僕は普段からお酒を飲みます。円形脱毛症を発症していた期間中にも週に2~3回、ビール350㎖を1本飲んでいました。

さすがに落ち込んでいて飲み会等には参加してないので適度なアルコール摂取が出来ていたのかもしれませんね。

結果オーライですが。。。

関連記事は下記リンクからどうぞ。

お酒を適量飲んで円形脱毛症改善!オススメの種類と男女の飲み方の違い

アルコール類に含まれる髪の毛に良い成分。

 

ビタミンB群

ビールに含まれるビタミンの1種です。

ビタミンB群に属する栄養素

 

栄養素 効果
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変換。疲労回復。
ビタミンB2 資質を分解しエネルギーに変換。
ナイアシン アルコール分解、粘膜強化。
パントテン酸 コラーゲンの生成を助ける。糖質、資質をエネルギーに変換。
ビタミンB6 肌荒れ防止、粘膜強化。
ビタミンB12 不足すると悪性貧血になる。
葉酸 ビタミンB12と協力し血液を作る。
ビオチン 肌、爪、髪などを維持する。

 

 

ポリフェノール

赤ワインに含まれます。抗酸化作用で抜け毛の原因となる活性酸素を除去します。

 

 

プラスミノーゲン・ウロキナーゼ

焼酎に含まれる酵素です。血栓溶解効果があり毛髪への血液の流れをスムーズにします。

 

育毛に効果を発揮するIGF-1とアルコールの関係。

IGF-1とは「インスリン様成長因子」「ソマトメジンC」とも呼ばれるたんぱく質です。ヘアサイクルの成長期を伸ばしてくれたり、太く強い毛髪を作る働きが注目されています。

ビールのホップに含まれるゲラニオール、赤ワインに含まれるポリフェノールの1種であるレスベラトロールが知覚神経を刺激することで生成されます。

最近、育毛剤なので注目されているIGF-1をアルコールが運んできてくれるとは感動です!

IGF-1はその他にも

  • 内臓機能強化
  • 免疫力の向上
  • アンチエイジング効果

などの効果が期待されます。最強かよ!

まとめ

円形脱毛症が発症してもアルコール類を禁止する必要はありません。

適度に楽しむことで育毛効果、リラックス効果が期待され、早期回復の手助けとなってくれます。

症状が悪化してネガティブになってしまってアルコールを過剰摂取することは必ずさけましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す