【20代男の体験談】円形脱毛症の回復時期。いつから生える?どこから生える?

スポンサーリンク



円形脱毛症を発症してしまうと、いつ、どこから、どうやって生えてくるのか心配になるものです。

僕自身、発症して間もない頃は仕事に手がつかず、ネットで体験談を色々と調べていました。

今回は僕と同じような経験をしている方に向けて僕自身の回復までの話をしたいと思います。

僕が経験した円形脱毛症の回復の流れ

僕が多発型の円形脱毛症を発症したのは2016年12月の中旬でした。

最初は頭頂部付近の1か所だと思っていたんですが、気が付いけば鏡で見ても分からない襟足付近、もみあげ等にも脱毛痕がありました。

脱毛が収まってきたと感じたのが2月初旬くらいですので2か月近くは脱毛が続いたことになります。

髪の毛はいつから生えた?

生え始めに気が付いたのは4月初旬くらいです。

禿げているところを見るのが嫌になっていたので気づくのに少しかかったかもしれませんが、なんとなく髪の毛をかき上げた時にチクチクした感じがして「まさか!」と思いました。

気を許せる人に見てもらうと産毛のような色素の薄い毛が生えてきていたみたいです。(位置的に自分では確認でいませんでした。)

生え始めは白髪が生えてくるという経験をした人は多いようなので気にしなくてもいいですよ。

生え始めたら気づいた時にはもう生えそろってました。

円形脱毛症になる人は元から白髪が多い?

結局、僕は髪の毛が生え始まるまで4~5ヵ月でした。

それまでは回復の気配がなかったのでホントにうれしかったです。

脱毛と発毛が同時進行することはなく、抜けるとこが抜けてから生えてた感じでした。

髪の毛はどこから生えてきた?

髪の毛が生えてくるのは脱毛した全ての場所から生えてきたわけではなく、一番大きく脱毛していた頭頂部から生えてきました。

そのあとに小さい脱毛箇所が生えてきて、一番最後まで残ったのが襟足付近でした。

幸い、襟足付近は髪の毛で隠しやすかったので5月ごろには完全復活した気でいました。

脱毛し始めたのも頭頂部からだったので、抜けたのが早かったところから生えてきただけかもしれません。

回復の仕方には個人差があると思うので参考までに。

症状と回復期間

円形脱毛症の回復は一般的に半年から1年と言われています。しかし、症状によってその期間は大きく変わってくるようです。

単発型 2ヵ月~半年 重症度:低
多発型 6ヵ月~12ヵ月 重症度:中
前頭型 8ヵ月~15ヵ月 重症度:高

僕が調べた情報では上記の期間での回復が多いようです。

僕が発症したのは多発型ですが、生え始めまで4か月で生え揃ったのが半年くらいになります。運よく回復は早い方だったみたいです。

多発型だと1年ほどかかる方もいるらしく、担当の皮膚科の先生もびっくりしていました。

円形脱毛症を発症して1年経過。状況と続けていること。

ネットで調べた回復例なので、実際にはもっと悪い症例もあるかもしれません。

ご了承ください。

円形脱毛症は再発の可能性がある

髪の毛が生えてきて円形脱毛症が治った!

と油断してはいけません。

円形脱毛症は再発の可能性がある症状です。

3割くらいの人が再発してしまうとか。

円形脱毛症は知らぬ間に再発している?

実際ぼくも2018年7月の時点で再発をしています。(症状は軽い)

今の医療では再発を完全にふせぐことはできないようです。

なので油断せずに睡眠、食事、ストレスの発散、軽減など自分のできる対策を意識しながら生活していくことが大切です。

さいごに

回復には症状、個人によって差があります。

まずは抜け毛が収まること。

白い産毛のような毛が生えてこればもう一息。

気持ちが落ち込み、何もする気が起きないかもしれませんが、できる努力もあるはずです。

目標を見つけて前向きになることが大切。

しっかりと治療とケアを続けましょう。

僕が思うポジティブ思考のコツについての記事はこちらからご覧ください。

スポンサーリンク



コメントを残す