円形脱毛症が発症する前のサインってある?前触れ、予兆はあった?

スポンサーリンク



突然やってくる円形脱毛症。

急にたくさんの髪の毛が抜けるとショックですよね。

僕も会社に遅刻してしまうくらいの精神的ダメージを受けました。

そんな円形脱毛症に予兆とか前触れはあるんでしょうか。

分かれば覚悟が出来てショックを和らげたり、出来る対策もあるかもしれませんが実際のところどうなんでしょう?

 

円形脱毛症が発症する予兆について

円形脱毛症の予兆としては

  • 頭皮の痺れ、かゆみ
  • 爪のくぼみ、溝

といった症状が代表的ですが、多くの人がなんの予兆もなく突然脱毛が始まって気づくようです。

爪の異常については、円形脱毛症以外でも起こる可能性があります。

  • ストレス、疲れ
  • 皮膚炎
  • 目の疲れ
  • 神経の異常
  • 排尿機能の異常

人間って不思議ですね。なので爪の症状だけでは円形脱毛症と確定することはできあません。

僕の場合は予兆や前触れのようなものはなく、突然の出来事でした。

現在、円形脱毛症は回復していますが、頭皮の痒みを感じることなんてよくあります。

円形脱毛症の予兆かもしれませんし、汗によるかぶれや、シャンプーやコンディショナーの洗い残しによるものなのかもしれません。

でも、こういった時には、また疲れやストレスを溜め込んでいないかな、と自分の生活を考えるようになりました。

もしかしたらこういった考えが再発を防いでくれているのかもしれません。あくまで可能性の話ですが。(2018年夏には軽度の再発をしています)

もし円形脱毛症の前触れ、予兆を感じたら。

円形脱毛症の予兆に気づいたらまずは、髪の毛が抜けやすくなっているところはないか、薄くなっていたり、完全に抜けているところがないか確認しましょう。

自分では気づきにくい場所で脱毛が起きていることもあるので気を許せる人に確認してもらうのもいいでしょう。

円形脱毛症で髪の毛が抜けるときは、プツンといった感じではなく、なんの引っ掛かりもなくたくさんの抜けてしまうので違和感は感じることができると思います。

脱毛が軽度の場合は

円形脱毛症の症状が軽度で気にならない程度ならば自然治癒する可能性もあります。

円形脱毛症の原因としてははっきり解明できていません。

  • 自己免疫機能
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • アトピー性など皮膚の病気
  • ホルモンの乱れ

などなど色んなことが言われています。

まず自分でできるところで

  • ストレスの原因を考える
  • 食事で髪の毛に必要な栄養が取れているか
  • 睡眠時間は足りているか、質は悪くないか

といった部分で自分で出来るところから見直していきましょう。

僕は軽症でも病院で診察を受けることをオススメします。

専門医に見てもらって薬をもらうだけでも精神的に安心しますよ。

円形脱毛症になったときの対処。自分でするべきことは?

円形脱毛症の受診は皮膚科で

普段とは違う抜け毛の仕方や脱毛箇所が見つかった場合はすぐに病院へ行って診察を受けましょう。

処置が早ければ悪化が防げる場合もありますし、治療開始が早ければ回復も早くなります。

病院のホームページや病院案内のサイトを見ると円形脱毛症の治療を行っているクリニックが分かります。

クリニックでは皮膚科で診察を受けることをオススメします。最近では男性型脱毛症(AGA)、円形脱毛症の治療に力を入れている先生も多いです。

それだけ対象患者が多いってことです。

円形脱毛症で病院に行くなら何科?診察内容、薬、負担額の体験。

まとめ

今回は円形脱毛症の前触れとか予兆について記事は書いてみました。

頭皮の痒みや爪の異常がサインになることがありますが、それだけでははっきり円形脱毛症になると言い切れるわけではありません。

上記の症状が確認できたら髪の毛が部分的に抜けおちていないか確認しましょう。

軽度なら自然治癒することもありますが、基本的には皮膚科にいって診察を受けるのがいいと思います。

 

スポンサーリンク



コメントを残す