円形脱毛症が発症したらヘアカラー、白髪染めはダメ?ベストな選択肢とは。

スポンサーリンク



円形脱毛症になるという事は皮膚や頭皮が弱っているということです。

なので普段からヘアカラーや白髪染めをしている人はどうすべきか悩みますよね。

染めずに外を出歩いたり、人に会うのは恥ずかしいと思う人も多いでしょう。

しかし、ヘアカラーや白髪染めで円形脱毛症が悪化して回復が遅れるのは避けたいところ。

間違った選択をしないように僕が調べた情報を紹介しますね。

円形脱毛症の発症期間のヘアカラーは症状次第ではOK?

円形脱毛症になってしまったら精神的なダメージで仕事も学校も遊びも今までと同じように出来なくなってしまう方も多いと思います。

普段から髪の毛を染めている方は染められなくなるとそれもまたストレスになってしまいます。

僕が調べた限り、症状次第では染めても大丈夫ですし、ネット上で見ても実際に今まで通り染めている人も多いようです。

ちなみに僕はヘアカラーでなく、白髪染めを定期的にするんですが、抜け毛が収まって少ししてから染め直しました。でも染めたのは全体ではなく白髪の多いもみあげ部分のみです。脱毛箇所を染めることはしませんでした。

炎症が起きていないという自信がなかったですし、何より悪化することが一番心配でした。

結果、最終的には円形脱毛症は改善しましたよ!

ヘアカラーは自分の症状を把握した上で行いましょう。

また、自分でヘアカラーを行うと頭皮にカラー剤を付着させてしまう可能性がありますので美容室でプロにやってもらうのをオススメします。

ただ、美容室によっては脱毛症状がある方のヘアカラーを断っているところもあるようです。

髪の毛を染めるのが危険な症状。

ズバリそれは頭皮が炎症を起こしている方です。

ヘアカラーに含まれる着色料や化学薬品の成分は炎症を悪化させる原因になります。

明らかに頭皮に痛み、痒みなどの炎症症状が出ている場合はヘアカラーは控えましょう。

当然の話ですが、ヘアカラー事態にアレルギー反応が出てしまう方は絶対に控えてください。はっきりとアレルギーかどうか判断できない場合は病院へ行って専門医に相談しましょう。

結局は我慢するのがベスト。

症状次第では髪の毛を染めるのはいいですが、その判断を誤ると円形脱毛症の悪化に繋がります。結局のところ、改善するまで我慢するのが一番無難な判断と言えるでしょう。

ただ、自分の仕事や私生活をする上で、髪の毛を染めた方が前向きになれるという方はトライしてもいいと思います。

 

スポンサーリンク



コメントを残す