円形脱毛症の原因となる活性酸素。手軽に食べれる抗酸化作用のある食べ物とは?

スポンサーリンク



円形脱毛症になって髪の毛のことを知ろうと調べる中で「活性酸素」というワードを見ることが多々あったので調べてみました。

今回は円形脱毛症と関係の深い活性酸素の影響についてと、食べ物による対策につい紹介していきたいと思います。

 

活性酸素対策には抗酸化!

活性酸素は組織を酸化させ、老化、生活習慣病など身体に悪影響を与えます。

髪の毛に対する影響もその一つです。

円形脱毛症や薄毛、白髪にも関係していると言われています。

人の体内には活性酸素の酸化から体を守ってくれる抗酸化酵素という酵素が存在します。

抗酸化酵素には活性酸素の細胞、組織をサビさせる作用を抑えてくれる働きがあり、代表的なものとしてカタラーゼ、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)が挙げられます。

しかし抗酸化酵素は年齢を重なるにつれて効果が弱まってきてしまいます。

なので活性酸素による組織の酸化を抑制することが出来ず、人は老いて、病気になりやすくなります。

そうならない為に、活性酸素対策として体内に抗酸化物質を取り込む必要があります。

抗酸化物質には活性酸素を無毒化する働きがあり、代表的な物質としてビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、ポリフェノールがあります。

抗酸化物質を吸収し、体内の抗酸化作用を高める手段を知り、若く、健康的な体を保ちましょう。

円形脱毛症と関係の深い活性酸素とは?

一人暮らしでも出来る!食べ物から抗酸化物質を効率よく吸収。

一人暮らしをしていると自炊が面倒になって好きなものばかり食べてしまう人も多いと思います。

抗酸化作用のある食べ物を食べて髪の毛や体を元気に保ちましょう。

今回は手軽に食べられるものを中心に紹介していきます。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があります。

毎日の水分補給を緑茶に切り替えるだけなので対策としては実施しやすいですね。

僕も営業車に緑茶の紙パック1リットル積んでますよ。

注意したいのは緑茶にはカフェインも含まれているということ。

寝る前に飲むと寝れなくなったりするかもしれないので、夜は控えましょう。

ナッツ類

アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類にはビタミンEという抗酸化物質が含まれています。

また、タンパク質、不飽和脂肪酸など筋肉に良い成分が含まれているのでダイエット中の方の間食にオススメです。

僕もダイエット中にはお世話になってました。

ただ、脂質も多く含んでいますので食べ過ぎには注意しましょう。あと地味に価格が高いのもネックです。

ビタミンEが円形脱毛症に良い理由って?

大豆

大豆にはポリフェノールの一種であるイソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンって言葉をCMで聞いたことありますよね。

納豆や豆腐は普段忙しい人でも食事の中に気軽に取り入れることが出来ますしオススメです。

植物性タンパク質を摂取することも出来るのがさらにグッドですね。

緑黄色野菜

緑黄色野菜にはβカロテンが含まれています。

僕のように一人暮らしをしながら働いていると摂取が難しいですが、βカロテン以外にも豊富なミネラル、ビタミンが含まれているので意識して摂取しましょう。

僕は野菜炒めは簡単なのでよく作りますが、ピーマンとニンジンは入れるようにしています。

味付けを変えるだけで飽きずに週に数回食べることもできます。

バナナ

バナナにはβカロテン、ビタミン類、ポリフェノール類、βクリプトキサンチンなど豊富な抗酸化成分を含んでいます。

最近ではコンビニでも買えますし、朝ごはんに食べるのをオススメします。

バナナは糖分も高いのであまりパクパク食べていると肥満の原因になるので注意してください。

1日1~2本で十分です。

まとめ

活性酸素は体を酸化させ、老化、生活習慣病のリスクを高めます。

円形脱毛症を始めとする髪の毛のトラブルにも関係するので抗酸化作用のある食べ物で対策をすることが大切です。

緑茶、ナッツ類、大豆、緑黄色野菜、バナナは抗酸化成分が豊富で手軽に摂取できます。

僕はナッツやバナナを間食として食べることをオススメします。

抗酸化作用のある物を意識して食べ続けることで、年を重ねても若さを保つことができたら素敵ですね!

僕も素敵なオヤジになりたい。。。

今回は以上です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す