アミノ酸シャンプーに含まれているココイル系成分を調査。

スポンサーリンク



アミノ酸シャンプーに含まれている成分とは?

アミノ酸シャンプーに含まれている成分は大きく下記の3種類に分けられます。

  1. ココイル系
  2. ベタイン系
  3. メチルアラニン系

アミノ酸シャンプーを買うときは上記成分を確認するようにしてください。

ココイル系について

ココイル系成分が含まれている場合は「ココイル~」といった表記があります。

「ココイル」とはヤシ油から抽出された脂肪酸のことです。名称はココナッツが由来となっています。

代表的なものとして

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA

が挙げられます。

ココイルメチルタウリンNaは非常にアミノ酸に近い成分なのですが、厳密にいうとアミノ酸でありません。しかし、成分分類上ではアミノ酸系の洗浄剤ということになっています。頭皮や髪の毛への刺激が少なく、洗浄力も十分です。髪の毛を洗った後は比較的さっぱりとした仕上がりになるのが特徴です。

ココイルグルタミン酸Naは低刺激で洗浄力も控えめです。頭皮、髪の毛に吸着する性質がある為、髪の毛を洗ったあとはしっとりとした仕上がりになります。ただ、この吸着性から皮膚が炎症を起こしてしまう方も稀にいるようです。もし使用しているアミノ酸シャンプーがココイルグルタミン酸Na配合で合わないと感じている方は違うアミノ酸シャンプーに切り替えてみるのもいいかもしれません。

ココイルグルタミン酸TEAは低刺激で泡立ちもしっかりしており、Naと同じくしっとりとした仕上がりになりますが、TEAの方がさっぱり感が強いようです。コストが高い成分になりますが、それほど優秀ということです。

 

ココイル系は種類が多い。違いが分からない。

ココイル系は種類が多く、結局、どのココイル系を使えばよいか分からない!ってなりますよね。

難しく考えずにココイル系の特徴として

  • 刺激が控えめ
  • 洗浄力も基本控えめ
  • 仕上がりはしっとり、さっぱりに差がでる

といった点を抑えておけば良いでしょう。

ただアミノ酸シャンプーには、ココイル系以外にも補助洗浄成分が含まれており、ココイル系だけ特徴がシャンプーの特徴に直接影響するとは言えません。

成分を見て実際に使ってみてから自分に合うかどうか判断するの良いです。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す