円形脱毛症の人は必見。アミノ酸シャンプーに含まれる洗浄成分のアラニン系について紹介。

スポンサーリンク



皆さんはシャンプーの洗浄成分について把握していますか?

洗浄成分にはそれぞれ特徴があり、それを知ることで自分にあったシャンプーを選ぶ事ができます。

円形脱毛症を経験した人や薄毛がコンプレックスになっている人はなおさら知っておきたい!

今回はアミノ酸シャンプーで使用される洗浄成分のうち、メチルアラニン系と呼ばれる成分について紹介していきたいと思います。

アミノ酸シャンプーに含まれている洗浄成分の種類

アミノ酸シャンプーの洗浄成分にはいくつか種類があります。

  • メチルアラニン系
  • ココイル系
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸系

※調べてみるとアミノ酸成分の分別方法って色々あるみたいで難しかったです。参考としてみてください。m(__)m

円形脱毛症の人にオススメのベタイン系シャンプーの特徴とは?

アミノ酸系シャンプーに含まれているココイル系成分とは?

ここではメチルアラニン系についてまとめたいと思います。

アラニン系のアミノ酸洗浄成分と特徴。

アラニン系の洗浄成分にはいくつか種類があります。

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンTEA
  • ココイルアラニンTEA

このように表示名は複数になりますが、特徴としてはひとまとめにしてオッケーです。

今回は代表してラウロイルメチルアラニンNaを紹介。

ラウロイルメチルアラニンNaとは

ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の洗浄成分です。

ココナッツヤシから採れるヤシ油やアブラヤシから採れるパーム油と呼ばれるものを原料にしています。

アミノ酸系ということは低刺激で髪や頭皮に優しいということ。

天然成分を使っているということは髪や頭皮に優しいということ。

そうゆうことです。

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴

弱酸性で頭皮、髪の毛には低刺激ですが、洗浄力も十分です。

泡立ちは良く、髪の毛を洗った後はさっぱり、ふんわり仕上がります。

アミノ酸シャンプーに含まれている洗浄成分の中でもかなり優秀で一番メジャー所の成分でしょう。

その反面、配合してあるシャンプーの値段は高くなってしまうのが難点です。

みなさんがイメージする通常サイズのボトルで¥2000は超えてくると思ってください。

※ラウロイルメチルアラニンTEA、ココイルメチルアラニンNa、ミリストイルメチルアラニンNaは同等の効果が得られる成分と考えて良いです。

ラウロイルメチルアラニンは安全?

ここまで調べてみるとアラニン系のシャンプーは髪や頭皮に優しく安全性の高いものだと考えられます。

それでも気になる人に向けて念のため調べたところ、

  • 軽度の皮膚刺激性
  • 軽度の眼刺激性
  • アレルギー反応の可能性は低い

ということがわかりました。

「えっ軽度の刺激あるの?」って心配になりそうですが大丈夫っぽいです。

実験では洗浄成分を動物の皮膚や眼に貼り付けて観察したようでシャンプーの様に洗い流すなら低刺激という表現は大きな問題とはなりません。

実際、僕が使用しているシャンプーはココイルメチルアラニンNaが主成分ですが、炎症を起こしたことはありません。

皮膚が極端に弱い人で痒みが出るような人はシャンプーの種類について考え直した方がいいかもしれませんね。

出典:化粧品成分オンライン|ラウロイルメチルアラニンNaとは…成分効果と毒性を解説

 

まとめ

  • アラニン系の洗浄成分が含まれるシャンプーは、頭皮、髪の毛に優しい。
  • 他の成分と比べても洗浄力、泡立ちも優秀。
  • 洗った後はさっぱり、ふんわりとしボリュームのある仕上がりに。
  • 優秀であるが故に価格も高め。
  • 安全性は高いが軽度刺激あり。

アラニン系の洗浄成分が含まれているシャンプーは無難な選択肢と言えるでしょう。

アラニン系を選ぶ際には配合成分だけでなく、配合量にも注意してくださいね。

シャンプーに記載されている成分は上から配合量の多い順に記載されていますので、下の方に書かれていたらメインは他の洗浄成分ということ。

注意して確認しましょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す