円形脱毛症になった時に石鹸系シャンプーはアリ?

スポンサーリンク



円形脱毛症になってしまったらシャンプーに気を使う様になると思います。

少しでも症状を抑えたい、早く改善したいと思うはずですし、シャンプーについて考えるのも当然ですよ。

ネット上でシャンプーの種類について調べて石鹸系シャンプーというワードを見つける人は多いはずです。

しっかりと勉強をして自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

円形脱毛症の人に石鹸系シャンプーはベストではない!

石鹸系シャンプーという名称を見ると比較的、頭皮や髪の毛に優しそうな印象を受けますが、実は洗浄力は高いんです。

高級アルコール系シャンプーと比べるとやや劣るのですが、頭皮、髪の毛に異常が出ている円形脱毛症の人には向いていません。

ベストではないと表現したのは高級アルコール系シャンプーと言われるものよりは、刺激が低いという所からです。

では、石鹸系シャンプーについてもう少し詳しく見ていきましょう。

石鹸系シャンプーの成分とは。

石鹸系シャンプーはその名の通り、石鹸が界面活性剤として使われています。

そもそも石鹸って何?って話になりますが、石鹸は動物や植物の油脂から生成される天然の界面活性剤です。

成分表の表記としては

  • 石鹸用素地
  • 純石鹸
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

等の記載がされています。商品の成分表には配合成分が多い順に記載されていますので確認してみてください。

これらの成分は天然成分なので分解されやすいいう特徴があるので、環境にやさしいシャンプーという事になります。

石鹸系シャンプーの特徴。メリットとデメリット。

前述の通り石鹸系シャンプーは洗浄力が高いという特徴があります。洗浄力が高いと頭皮の必要な皮脂まで落としてしまう可能性があり、頭皮や髪の毛のトラブルの原因になります。

仕上がりのキシキシと突っ張りを感じるので、しっかりとすすぎをしなくてはいけません。

また、石鹸系シャンプーはアルカリ性という特徴があり、弱酸性の人の肌とは相性が悪く、これも髪の毛を痛めてしまう原因になります。対策として酢リンスなどの酸性トリートメントで中和させてケアをする必要があります。なので、乾燥肌の人にはオススメできないシャンプーと言えます。逆に頭皮が油っぽい方はしっかり洗えるので相性がいいと言えます。

こういったケアの必要性から石鹸系シャンプーは慣れるまでに3ヵ月以上かかるとも言われていて、ちょっと面倒な部分があります。

価格帯としては1000円以内で買えるものが多く、アミノ酸シャンプーと比べると安価と言えるでしょう。

まとめると

メリット

  • 洗浄力が高く、頭皮、髪の毛が油っぽい方はしっかりと洗える。
  • 分解されやすく環境に優しい。
  • 比較的安価で手に入る。

デメリット

  • 乾燥肌の人や頭皮、髪の毛に異常が出ている人には刺激が強すぎる。
  • 仕上がりがキシキシ突っ張る。
  • アルカリ性なので酸性トリートメントでケアが必要。
  • 慣れるまでに時間がかかる。

といった感じになります。

まとめ

ここまで石鹸系シャンプーについて紹介してきました。

石鹸系シャンプーは名称は肌に優しそうですが、円形脱毛症を発症している人に使うシャンプーと考えると刺激が強く、仕上がりもクセがあり、使いにくいシャンプーとなっています。高級アルコール系よりは刺激が少ないと言われているので、アミノ酸系シャンプーは高価で手が出せない、という方は選択肢としてアリなのかもしれません。

僕の経験から円形脱毛症の悪化を防いだり早期回復を考えるなら刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーがオススメです。

自分の体質や症状に合ったシャンプーを選んで頭皮、髪の毛を健康にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す