円形脱毛症の人は食品添加物に注意!その危険性とは?

スポンサーリンク



円形脱毛症に悩んでいる方は、食生活にも十分に気を配らなければいけません。

現代社会ではコンビニやスーパーで加工された食材を買うことができ、手軽に食事を済ませてしまいがちですが、これらの食材には食品添加物が含まれています。

食品添加物を過剰摂取してしまうと、元気な髪の毛が育たなくなってしまいます。

食品添加物のリスクを知って食生活に対する意識を改善しましょう。

円形脱毛症を発症している人はなぜ食品添加物に気を付けなければならないのか。

円形脱毛症を早く改善するにはしっかりと髪の毛の成長に必要な栄養素を取って、

その栄養素を髪の毛までしっかりと栄養が届くようにしなければなりません。

そのためには体内の環境を整えてあげる必要があるのですが、そこで注意しなければならないのが食品添加物です。

食品添加物は栄養素が体内に吸収されることを邪魔してしまう作用があり、円形脱毛症に悩んでいる人には深刻な問題になります。

亜鉛吸収を邪魔するポリリン酸

ポリリン酸は多くのお菓子やインスタント食品などの加工食品に含まれています。

このポリリン酸には髪の毛を生成するための大事なミネラルである亜鉛の吸収を阻害したり、体内の亜鉛を体外へ排出してしまう厄介な効果があります。

亜鉛はただでさえ、体内へ吸収されにくいミネラルとされていて、摂取率は約30%程といわれています。

そんな貴重なミネラルが余計に吸収されにくくなったり排出されることはなんとしても避けたいですよね。

商品の成分表には

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリリン酸カリウム
  • リン酸ナトリウム
  • 乳化剤

といった名称で表記されています。

ポリリン酸を避けて加工食品を選ぶ、といったことは難しいので、対策としては加工食品を極力食べないようにするしかありません。

円形脱毛症に亜鉛サプリって効果ある?飲むときの注意項目は?

発がん性、内臓異常などのリスクがある食品添加物

スポンサーリンク


食品添加物の中には発がん性、内臓異常のリスクがあるものがあります。

細胞や臓器に異常が出ると、体がうまく栄養を吸収できなかったり、ホルモンバランスを崩したりして髪の毛の成長を阻害します。

味を良くするグルタミン酸ナトリウム

味を良くする食品添加物として多くの加工食品に含まれています。

過剰摂取すると神経細胞に異常が出て、認知症、アルツハイマー、うつ病などの原因になることが報告されています。

商品表示には「アミノ酸」「アミノ酸等」などと記載されていて、一見体に良さそうか感じがしますので注意してくださいね。

食材に美味しそうな色をつける亜硝酸ナトリウム

ハム、ウインナー、ベーコン、魚肉ソーセージなどに使われる食品添加物です。

使用することで、新鮮なピンク色を保ちます。

発がん性、うつ病などのリスクがあります。

カロリーオフ商品に使われる人口甘味料

アスパルテーム、アセスルファムKが人体に悪影響を与えます。

最近の健康ブームで注目されているダイエット食品やゼロカロリー飲料に使われています。

発がん性、内臓異常などのリスクが懸念されています。

僕もダイエットするときに甘いものが欲しくなったらゼロカロリーのジュースを飲むことが多いので注意しないと、、、

飲み物に使われる安息香酸ナトリウム

清涼飲料水、エナジードリンクなどに含まれる保存料です。

細菌の増殖を抑制し商品が腐敗するのを防ぎます。

発がん性、神経障害のリスクがあります。

仕事が忙しいからと言って毎日栄養ドリンクを飲んでいる人は注意です。

まとめ

加工食品は便利で美味しいですが、円形脱毛商品やその他髪の毛、頭皮に異常が出ている人は十分に注意が必要です。

特に亜鉛の吸収を邪魔するポリリン酸には注意が必要です。

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリリン酸カリウム
  • リン酸ナトリウム
  • 乳化剤

といった表記には注意しましょう。

そうはいったものの、今の世の中で食品添加物を完全に避けるというのは難しいことです。

加工食品を使うのではなく、なるべく自分で作ることを意識したり、食材を洗ったり茹でたりするなど、ひと手間加えることで食品添加物の摂取を減らすことができます。

参考になったサイトがあったのでリンクを貼っておきます。

ぜひ読んでみてください!

かぞくのしょくじ「食品添加物なしの食生活は可能?」

スポンサーリンク



コメントを残す