睡眠が髪に与える影響と睡眠の役割。質の良い睡眠をするポイントとは?

スポンサーリンク



仕事や子育てに勉強など。

自分の思う様に睡眠時間が取れていない人は多いと思います。

ですが、睡眠時間が減ったり質が落ちたりしてしまうと抜け毛が増えたり、毛が細くなったりと髪の毛に悪影響が出てくるリスクを高めることになります。

理由を知って睡眠を大切にしましょう。

人は寝ている間に髪の毛の成長を促すホルモンを分泌。

睡眠は髪の毛を成長させる上でとても重要な要素です。

人は寝ている間に髪の毛の成長を促す成長ホルモンを大量に分泌するので、

睡眠時間が不安定だったり、睡眠不足が続いてしまうと分泌量が不足し、髪の毛へ様々な悪影響が出てしまいます。

睡眠の役割と睡眠不足が髪の毛にもたらす影響。

人は人生の三分の一を睡眠に費やすと言われるほど睡眠は大切な行為です。

まずは睡眠の役割と、睡眠不足や質の良い睡眠の影響について紹介します。

睡眠の約割について。

睡眠の役割としては

  • 体の機能を回復、成長、修繕、
  • ストレスの軽減
  • 記憶の整理、定着

の3つがあげられます。

髪の毛における睡眠の約割としては

  • 髪の毛の成長、回復、修繕
  • ストレスの軽減による脱毛症のリスク減少

といった点があげられます。

睡眠不足、睡眠の質の悪化の影響。

睡眠が不足したり、睡眠の質が悪かったりすると、脳の機能が低下によって

  • 集中力
  • 注意力
  • 記憶力

の低下が起こります。仕事や、遊び、子供の世話などで睡眠不足になることを多く、ほとんどの方が経験したことがある症状だと思います。

これらの症状は寝不足にとって血管が収縮し、血流が悪くなることで起こります。血流が悪くなることで髪の毛に必要なタンパク質やミネラルなどの栄養素が届きにくくなってしまいます。

その結果

  • 髪の毛が育たない
  • 白髪が増える
  • 枝毛が増える
  • 抜け毛が増える

といった悪い影響が出てくるわけです。

どれだけ髪の毛に良いシャンプーを使って、たくさん栄養を摂っても効果的な睡眠が出来ていなければ台無しです。

睡眠は髪の毛にとってもとても大切なことなんです。

成長ホルモンがドバドバでる!睡眠のゴールデンタイムとは。

髪の毛の成長を促す成長ホルモンは副交感神経に働きによるものです。

副交感神経は交感神経と共に自律神経を司る神経の一つで、休息している時、リラックスしている時、睡眠をとっているときに働きます。

つまり、主に夜に働く神経ってことです。

この副交感神経が成長ホルモンを最も活発に分泌する時間帯が

22時~2時

と言われています。

ですが、仕事や子育てをしていると22時就寝っていうのは中々キビシイですよね。

なのでせめて

  • 0時に寝る
  • 毎日は無理でも週に数日は22時に寝る

といった努力をするのがよいでしょう。

夜しっかりと寝る為にはメラトニンというホルモンの分泌がポイントになります。

気になる方は下記記事を読んでみてください。

睡眠を促すホルモン「メラトニン」についての記事はこちら。

僕も仕事から帰るのが22時を過ぎることが多く、就寝時間が午前2時を過ぎることが多いです。

間違いなくハゲる。僕と違ってフサフサの父はよく寝る。

ということで、ここ数か月は1時には寝ようと意識しています。

質の良いノンレム睡眠で成長ホルモンがドバドバ!

人の睡眠には眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠の2種類があり、一晩のうちに1時間から2時間のサイクルで交互に行われます。

成長ホルモンの分泌はレム睡眠では低く、ノンレム睡眠では高いという事が分かっています。

元気な髪の毛を育てるためにはノンレム睡眠の質が重要になってきます。

良質なノンレム睡眠を行うためのポイント

質の良い睡眠をとるためにはいくつかポイントがあります。

睡眠前の食事、カフェイン、入浴。

自分の睡眠前の行動と照らし合わせて、悪い所は改善していきましょう。

寝る前の食事を摂らない。

食べ物の消化は意外とエネルギーを使う活動になります。

胃が活発に働くことは熟睡の妨げになります。

3時間前には済ませておくことが理想です。

寝る前にカフェインを摂らない。

知ってる人は多いと思いますがカフェインには覚醒効果があり、眠りにくくなったり、眠りが浅くなったりしてしまいます。

忘れがちですがお茶類にも含まれることがありますので注意してくださいね。

寝る前に飲むなら白湯や生姜湯がオススメです。

体が温まって睡眠を促してくれます。

適度な運動をする。

午後から夕方の軽い運動は睡眠の質を高めてくれます。

僕もこれを知ってスポーツジムに行く時間を夕方にずらしました。

特に仕事柄、運動量が少ない人にはジム通いはオススメです。

髪の毛を元気にする為の有酸素運動の記事はこちら。

寝る直前にお風呂に入らない。

入浴によって体温が上がると交感神経が刺激され、質の良い睡眠に入れません。

僕もこれを知らなかったので、仕事が遅くなったて帰宅したら、まずご飯を食べる。

ダラダラしてお風呂に入ってから布団に入っていました。

これでは睡眠の質が下がってしまいます。

帰ったらまずはゆっくりお風呂に入るのがいいですね。

最低でも30分以上空けて体を冷ましてから布団にはいりましょう。

対策をしてしっかり寝ても眠い

0時前には寝て、睡眠時間も十分なのにどうしても日中に睡魔に襲われるというかたはいますか?

そんな人は「睡眠時無呼吸症候群」の可能性もあります。

いびき、痙攣などの症状がないか、家族やパートナーに確認しましょう。

僕はちょっと症状が怪しくてとりあえず鼻腔拡張テープというものを試しています。

記事も書いているのでよかったら読んでみてください。

睡眠時無呼吸症候群と鼻腔拡張テープについての記事

まとめ

  • 睡眠不足は成長ホルモンが出る暇がなく髪が育たない。
  • 睡眠のゴールデンタイムは22時~2時。
  • 質の良いノンレム睡眠で成長ホルモンがドバドバでる。

 

スポンサーリンク



コメントを残す