亜鉛の吸収を邪魔する食物繊維の種類とは?

スポンサーリンク



円形脱毛症の人は早期回復ためにも髪の毛に必要な栄養素はしっかりと摂取していく必要があります。

亜鉛もそのひとつで髪の毛を作る重要なミネラルです。

効率よく吸収したいところですが、なんと食物繊維が吸収を邪魔してしまうんです。

どんな種類の食物繊維が亜鉛の吸収を邪魔するんでしょうか。

 

亜鉛は吸収率が悪いミネラル。

亜鉛は筋肉や髪の毛の作るのに必要なミネラルです。

男らしくありたいなら積極的に摂取すべきだと思います。

しかし、亜鉛は吸収率の悪いミネラルで摂取量の30%ほどしか体内に吸収できないと言われています。

さらに食べ物の中にはただでさえ吸収率の悪い亜鉛の吸収を邪魔したり、体外に排出する様に促したりするものがあります。

摂取した亜鉛を無駄にせず、効率的に摂取するために知っておきましょう。

腸内環境を整える食物繊維は亜鉛の吸収を阻害する。

「最近、便が出ていない・・・」からといって食物繊維をむやみやたらに摂取すると亜鉛の吸収の妨げになってしまいます。ですが、食物繊維を摂ってはダメ。という意味ではありません。

食物繊維の中でも

  • 海藻類の食物繊維
  • 穀物類の食物繊維

の2種類がが亜鉛の吸収の妨げになります。

関連記事は下記からどうぞ。

亜鉛の吸収を阻害するフィチン酸と効率的に亜鉛を摂取する方法

海藻類の食物繊維は「アルギン酸」と」「フコダイン」

海藻類の食物繊維は「水溶性食物繊維」に分類されます。

水溶性食物繊維は水分を含むことでゲル状になり、粘着性、放水性に優れているという特徴があります。

食後の血糖値の上昇の抑制、脂肪の吸収抑制などの効果で生活習慣病を予防してくれたり、便秘予防などの効果があります。

海藻類は主に2種類の食物繊維を含んでいます。

便秘解消、コレステロール、血糖値の上昇を抑制、動脈硬化予防の効果があるアルギン酸と肝機能向上、血圧を抑える効果があるフコダインです。

あっちこっち調べたんですが、具体的にどちらが亜鉛の吸収を阻害するか、といった具体的な情報を得られませんでした。

僕的には、アルギン酸の便秘解消作用が、必要なミネラルも体外へ排出してしまう

と解釈しています。

食物繊維を多く含む海藻類

スポンサーリンク



食物繊維を多く含む海藻類は下記の通りです。

  • ひじき
  • めかぶ
  • わかめ
  • もずく
  • 昆布

穀物類に含まれる食物繊維。

穀物類の食物繊維は不溶性食物繊維に分類されます。

不溶性食物繊維は水に溶けにくく、水分量を保つことで便の量を増やす役割があります。これによって排便を促し、腸内の有害物質を体外へ排出してくれます。

また、亜鉛、鉄、銅などのミネラルを吸着する作用、排便をスムーズにし、消化物の体内滞在時間を短くする作用が、ミネラルの吸収邪魔してしまいます。

穀物類に含まれる食物繊維は「セルロース」と「ヘルセルロース」

セルロースは穀類の皮に多く含まれています。腸内の異物を排出する効果があります。

ヘルセルロースは腸内の善玉菌を増加させ、排便を促します。

食物繊維を多く含む穀物類。

食物繊維を多く含む穀物類は下記の通りです。

  • 玄米
  • いも類
  • 麦類
  • とうもろこし

食物繊維を摂るならどうすればいい?

ここまでの内容を見ると、亜鉛を効率的に摂取するためには、海藻類、穀物類は食べない方がいい、と思ってしまいますがそうではありません。

亜鉛の吸収を阻害したり、体外へ排出してしまうデメリットはありますが、腸内環境を整えたり、肝臓や血管に良い影響を与えてくれるというメリットも多いです。

あくまで「食べ過ぎに注意する」といった考えでよいです。

食物繊維は海藻類、穀物類以外にも、根菜類、果物類、豆類、きのこ類にも多く含まれています。

水溶性食物繊維なららっきょうやアボガド。

不溶性食物繊維ならいんげん豆、えのき茸。

また、ゴボウは水溶性、不溶性、両方がバランスよく含まれています。

摂取するバランスは

水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2

と言われています。

食物繊維を摂取する時は海藻類と穀物類の摂り過ぎに注意して食べ物を選びましょう。

亜鉛をサプリメントから摂取したい人は下記もご覧ください。

亜鉛サプリメントの効果と飲むときの注意事項

 

スポンサーリンク



コメントを残す