寒い時期は頭皮の乾燥に注意!乾燥による症状と原因まとめ。

スポンサーリンク



円形脱毛症を発症している人が早期回復の為に気を付けなければならない事の1つに「頭皮の乾燥」があります。

頭皮の乾燥は、頭皮や髪の毛のトラブルの原因になり、円形脱毛症の回復を遅らせます。

12月に入り、今年もあと1か月となり、更に寒さが増してきました。

こういった季節の変わり目には頭皮の乾燥を防ぐポイントを知って、しっかりとケアをしましょう。

頭皮の乾燥によって発生するトラブル。

頭皮の乾燥は

  • 髪の毛の乾燥
  • 枝毛
  • フケの発生
  • かゆみ
  • 湿疹

などの悪影響をもたらします。さらに進行が進むと抜け毛や髪の毛が成長しないといった症状が出始めます。

円形脱毛症を発症している人は髪の毛が育つ頭皮環境を作ることは大切なことです。

次は頭皮の乾燥が起こる原因について見ていきます。

頭皮の乾燥が起こる原因について。

頭皮の乾燥が起こる原因は一つではありません。

自分に何が当てはまるか確認して改善を試みましょう。

季節の変わり目、空気の乾燥。温度の変化。

年末か近づき、寒さも厳しくなってきましたが、この寒さは頭皮の乾燥の原因になってしまいます。

通常、頭皮の水分は皮膚のバリア機能によって蒸発しないように保たれていますが、寒くなってくると体の代謝が弱まり、バリア機能も低下してしまいます。

これが原因となり、頭皮の水分が蒸発してしまい、頭皮が乾燥してしまいます。

また、夏場のエアコンも頭皮の乾燥の原因となります。気温の高い外から室内のエアコンの冷風に当たると汗が乾き、同時に皮脂までも乾燥してしまいます。直接、エアコンや扇風機の風に当たり続けることも乾燥の原因になります。

紫外線の影響。

紫外線も皮膚のバリア機能を壊し、肌の水分蒸発の原因となります。

バリア機能が低下すると紫外線が頭皮の深層部まで侵入し炎症を起こしてしまうと、深刻な状況になりかねません。

強いストレス、継続なストレス。

強いストレスを受けたり、ストレスを受け続けたりすると、自律神経の1つの交感神経が緊張し、睡眠障害の原因となります。睡眠がうまく出来ないと免疫力が低下し、皮膚のバリア機能の低下に繋がります。

また、交感神経の緊張は、血管が収縮させ、血流の悪化を招きます。血流が悪くなると頭皮や髪の毛に栄養が届かないといったことになります。

ストレスを溜めてしまうと髪の毛に悪いことばっかりです。

髪の洗い方と刺激の強いシャンプー。

シャンプーをする際に、頭皮を強くゴシゴシ洗ったり、爪を立てて頭皮をこすったり、熱いお湯で洗い流していたりすると頭皮の必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥の原因になります。また、一日に複数回シャンプーをするのも気を付けてください。

僕は今の寒い時期は汗をかくことも少ないのでシャンプーは2日に1回です。

シャンプーをしない日はぬるま湯でよく流すだけにしています。

シャンプーをしないと逆に痒みが出るという方もいるかもしれませんので、試して合わなければ別の対策を考えましょう。

また、洗浄力が高いシャンプーも同じように頭皮の皮脂を落としすぎてしまいます。

市販で販売されているシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーと呼ばれ、価格が安い反面、刺激が強いという特徴があります。

シャンプーが合っていないと思う方はアミノ酸系シャンプー等、他の選択肢を考えてみるのが良いでしょう。

シャンプーの後は、雑菌が増えない様にドライヤーで乾かすことも忘れずに!

まとめ

頭皮が乾燥してしまうと様々な症状が起こります。

フケが多かったり、痒みが気になる方は原因を分析し、できる事から改善してください。

どうしても症状が改善されなければ、皮膚の専門医の診察を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す