子供の円形脱毛症の原因は?大人の円形脱毛症の原因と違いはあるのか。

スポンサーリンク



円形脱毛症は大人が発症する症状と思っている人も多いと思いますが実は約25%は15歳以下の子供が発症していて、早い子だと1歳から発症することもあります。

今回は子供の円形脱毛症の原因について調べてみました。

円形脱毛症の原因に大人子供の違いはない。

円形脱毛症を発症するする原因に大人子供の差はありません。

自己免疫疾患、ストレス、先天性の遺伝などが原因と考えてられていますが、はっきりと分かっていないことも多いです。

自己免疫疾患によるもの

僕たち人間の体には体外から侵入してくる細菌やウイルスを攻撃する免疫機能というものが備わっています。

その免疫機能に異常が起こり、体外から侵入してきた有害物質と間違えて自分の体を攻撃してしまうことを自己免疫疾患といいます。

自己免疫疾患の症状として、円形脱毛症、関節リウマチ、甲状腺疾患

アレルギー疾患などがあります。

円形脱毛症が自己免疫疾患によって発症する場合は、体の免疫機能が毛根のリンパを外的と間違って攻撃してしまうことによって起こります。

自己免疫疾患が起こる原因として

  • 正常な体内にある物質と似た構造の有害物質が侵入してきた時に間違って攻撃してしまう。
  • ケガなどの外傷によって、本来特定領域に留まっている物質が血流に流れ出た時に誤認され、攻撃を受ける。
  • 薬や紫外線などによって体内物質が変化し、免疫機能が異物と判断して攻撃してしまう。

といった点が言われていますが、はっきりと分かっていない部分も多いです。

ストレスが原因となるもの

現代社会ではストレスを抱えるのは大人だと思いがちですが、子供にもストレスか抱える原因になる事が多くあります。

  • 自分の思い通りに行かない、出来ない
  • やりたくないことをしなければならない
  • 言いたいことが伝えられない
  • 欲しいものが手に入らない

幼児期では

かといって全てを子供の思う様にしてあげることは甘やかしすぎで、我慢ができなかったり、協調性のない子供に育ってしまいますね。

子供の様子を見ながらバランスよくメリハリを付けてあげることが大切です。

遺伝によるもの

円形脱毛症は遺伝する可能性があります。確率では30%~50%と言われています。正確には円形脱毛症が遺伝するのではなく、円形脱毛症になりやすい、自己免疫疾患を発症しやすい体質が遺伝します。遺伝が分かった所で特に対策は変わりません。子供に対してストレス軽減や栄養バランスの管理など出来るだけのケアをしてあげてください。

栄養バランスの崩れ

接種する栄養素のバランスが悪いと円形脱毛症の原因になります。

髪の毛を作る成分である亜鉛やタンパク質、ストレス抵抗を高めると言われているビタミンC,ビタミンE,パントテン酸は意識して接種しましょう。

ですが、意識しすぎて栄養が偏ることもよくありません。
子供さんにはバランス良く栄養素を摂らせることを意識しましょう。

亜鉛の摂取に関する記事は下記リンクからどうぞ。

亜鉛を効率的に摂取するために。

まとめ

子供の円形脱毛症は大人と同じく、自己免疫疾患、ストレス、遺伝、栄養バランスの崩れが原因として挙げられます。

年齢にもよりますが、子供は自分の思っている事を伝えられず、自分で抱え込んでしまうものです。

自分のお子さんの事をしっかり見てあげて、症状が回復するように努力しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す