多発型円形脱毛症になったとき、全体的にも薄毛になったのは僕だけ?

スポンサーリンク



僕は多発型円形脱毛症を経験しまいしたが、その際、全体的に髪の毛が薄くなりました。

当時はAGAも同時に進行し始めて最悪だ!って思っていたんですが、円形脱毛症が回復すると全体的な薄毛も大幅に改善しました。

ほんとにホッとしたんですが、実際の原因はなんだったのでしょうか。

 

円形脱毛症とAGAの併発の可能性

円形脱毛症がAGAの原因になるといったことはありません。

ですが、円形脱毛症は免疫機能の異常やストレスなどが原因でAGAは男性ホルモン働きによるものが原因となります。

まったく異なる病気の為、円形脱毛症は発症している間にAGAを発症、進行する可能性はあります。

僕の場合はAGAなのかはっきり分かっていません。

というのも円形脱毛症の定期診察の時、ドクターから言われたのはAGAという診断ではなく、円形脱毛症になった時は全体的に髪の毛が薄くなることもあるから気にしなくていい。ということだけだったからです。

びまん性脱毛症を併発する可能性は?

びまん性脱毛症とは女性が発症しやすい脱毛症でFAGAとも言われます。

特徴としては一部分だけ禿げてしまう円形脱毛症とは対照的に全体的に薄くなるといった点が挙げられます。

びまん性脱毛症の主な原因は女性ホルモンの低下によって男性ホルモンの働きが大きくなる事で起こると言われていて、女性の更年期に発症しやすいです。

ですが、男性でも生活習慣、頭皮環境、遺伝などが原因となり発症する可能性は十分あります。

円形脱毛症とびまん性脱毛症の併発について調べてみましたが、はっきりとしたことは分かりませんでした。

ですが、原因を調べるとどちらも食生活や睡眠などの生活習慣の乱れ、ストレスが絡んでいると分かり、自分がすべきことも分かってきました。

関連記事は下記リンクからどうぞ。

男のびまん性脱毛症の原因について

円形脱毛症と同時進行した薄毛は回復の可能性あり。

僕と同じように円形脱毛症になり、尚且つ全体的に薄毛が目立ってくる人がいるかもしれません。

僕が調べた限りでは、それがびまん性脱毛症なのか、AGAによる症状なのか分かりませんでしたし、担当ドクターからも具体的はコメントはなかったです。

ただ一つ言えることは僕の薄毛は回復に向かったという事です。

元々、髪の密度が多いほうではないので、完全にフサフサ!とは言えませんが明らかに増えました。

円形脱毛症やし、禿げてきたし最悪だ!と思わずに食生活、睡眠など生活習慣の見直し、病院で処方される薬をキッチリ使うことを意識しましょう。

回復の可能性は十分にあります。

 

スポンサーリンク



コメントを残す