円形脱毛症になりやすいアレルギー体質。検査の進め方について。

スポンサーリンク



円形脱毛症は本来、自分の体を外敵から守る為にある免疫機能が様々な要因によって誤作動で毛根を刺激してしまうことで起こると言われています。

また、アレルギー疾患については植物の花粉や食べ物に含まれるアレルゲンに過剰反応することで、花粉症、喘息、鼻炎、湿疹などの症状が出ることを言います。

両者に共通して言えることは自己免疫機能が異常を起こしているという点であることから、円形脱毛症を起こしてしまう人はアレルギー体質である可能性が高いと言われていて、実際に統計でも証明されています。

今回はアレルギーの検査の進め方にについて紹介したいと思います。

専門医による問診

アレルギーを診断する上で問診は重要な項目になります。

自分に出ている症状や使用した薬、住んでいる地域や場所の生活環境、食生活、ペットなどの動物との接触、家族歴などの確認があるので事前に思い当たることを考えておきましょう。

血液検査で総IgEと特異的IgEを測定

アレルギー症状のアレルゲンが体に侵入してくると体内にIgE抗体というタンパク質が皮膚や粘膜に生成されます。生成されるだけでアレルギー症状が起こるわけではなく、対象になるアレルゲンが再び侵入してきた時にIgE抗体とマスト細胞という細胞が反応することで症状が起こります。

総IgE

「総IgE」という検査はこのIgE抗体の量は測定する検査で「非特異的IgE」とも呼ばれます。

総IgEを測定するとアレルギー体質なのかどうか。の目安を知ることが出来ます。

総IgEを測定しても実際にアレルギー症状の原因になっているものは分かりません。

あくまで、「アレルギー体質かどうか」が分かるだけです。

保険点数110点

特異的IgE

実際に原因になっているアレルゲンを調べるには「特異的IgE」という検査を行います。現在ではCAPRAST法(キャップラスト法)という検査法が主体になっています。

特異的IgEを調べることが出来るアレルゲンは約200種類ありますのでざっくり紹介します。

  • 雑草花粉・・・ぶたくさ、よもぎ、たんぽぽ、など
  • 樹木花粉・・・はんのき、ひのき、すぎ、など
  • イネ科花粉・・・はるがや、かもがや、おおあわがえり、など
  • カビ系・・・アスペルギルス、カンジダ、マラセチア、アルテルナリア、など
  • 昆虫・・・蜂類、ゴキブリ、ユスリカ、など
  • 動物・・・イヌ、ネコ、ウシ、ウマ、など
  • 食べ物系・・・卵類、ミルク、小麦、豆類、ナッツ類、果物類、魚類、果物類、など
  • ダニ類・・・ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ、 など
  • 塵類・・・ハウスダスト
  • 職業系・・・絹、ホルマリン、ラテックス、など

保険点数は1項目につき110点。

最大13項目で1430点まで。

ヒスタミン遊離試験(受付中止)

マスト細胞から出るヒスタミンを直接測定する為、精度の高い検査です。
食べ物では卵白、牛乳、小麦、米、大豆
吸入系では、ヤケヒョウヒダニ、ニホンスギ、カモガヤ、ブタクサ、ネコ上皮
を測定できます。

しかし2018年1月で検査の受付が終了になるようです。

TARC(Th2ケモカイン)

アトピー性皮膚炎の重症度を測る検査です。保険点数194点

その他アレルギー検査

血液検査以外のアレルギー検査を紹介します。

食物除去試験

食物アレルギーの疑いがある場合は、アレルギー症状の原因と思われる食べ物を完全に食べない様にして様子を見ます。
通常は1~2週間で行って症状がどうなるか観察をします。

食物経口負荷試験

アレルギーの原因になっていると思われる食べ物を実際に食べて反応を見ることで原因アレルゲンの確定と耐性の確認を行うものです。
しかし、アナフィラキシーショックのような重篤症状を誘発する可能性があることから専門施設で実施することが良いとされています。

保険点数1000点

まとめ

今回はアレルギー検査について血液検査を中心に紹介しました。

アレルギーの血液検査では特異的IgEが主になりますが、患者さんが小さいお子様のが場合、採血量が少なく、一度にたくさんの項目を測定できなかったりします。

専門医とよく相談してアレルギーの原因を明らかにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す