髪の毛を元気にする為に運動をしよう!オススメの有酸素運動と継続のコツ。

スポンサーリンク



今年も寒い日が続いていますが、家に引きこもってダラダラしていませんか?

毎年この時期は各地でマラソンが開催されています。

僕も先日、プチマラソンに参加して5キロ走って来ました。

僕は筋トレは好きなんですが、有酸素運動は嫌いです。

筋トレは〇キロが〇回持ち上がったとか、〇キロ持ち上げられるようになったとか自分の記録の成長、変わっていく体形にやりがいを感じることが出来るんですが有酸素運動はどうも楽しめない。。。

プチマラソンも同僚の誘いでここ4年走ってます。

でも、有酸素運動は嫌いですが髪の毛に良い効果があるというのは良く聞きますね。

より効果的な有酸素運動の仕方はあるんでしょうか?

有酸素運動が髪の毛が元気になる理由は?

有酸素運動では多くの効果が得られます。

  • 汗をかくことで代謝が上がる。
  • 脂肪燃焼効果で生活習慣病の予防になる。
  • 運動することでストレスが発散される。
  • 骨が刺激されることで強化される。
  • 心肺機能の向上

といった効果がありますが、どうして髪の毛にも良い影響を与えるのでしょう。

血行が良くなることで髪の毛にも栄養が届きやすくなる。

上記にあるように有酸素運動をすることで心肺機能が向上します。

心肺機能が向上することで、心臓が血液を送り出す機能が強化され、血行が良くなります。

髪の毛は体の末端にあることで、血管が栄養を届けにくい部分となっていますが、有酸素運動を続けることで髪の毛をはじめとする体全体に栄養を届けやすい体を作ることができます。

また、有酸素運動は基本的に足を使って運動をすることになりますが、この点も良い効果を生み出します。

下半身の筋肉を強化することで、血液が戻る力も強化され、よりスムーズな血液循環が可能になるというわけです。

ストレス発散効果

ストレスは円形脱毛症や薄毛の原因になると言われています。

有酸素運動に限らず、運動する事にはストレス発散効果があるのは皆さんご存知ですよね。

なぜ運動がストレス発散になるかというと、運動によって分泌されるエンドルフィンとセロトニンという神経伝達物質による効果があるからなんです。

エンドルフィンはよく「多幸感を与える」と表現されますが、心地良さや気持ち良さをもたらします。

僕も長距離を走る時は、最初はツラくて、そこを乗り越えると楽になるタイミングがあるんですが、これがエンドルフィンなのかな、と思う事はあります。

「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

また、セロトニンは心の落ち着きや集中力の向上をもたらしてくれます。

セロトニンが不足すると、鬱、不眠症などの症状が出る可能性が高まります。

有酸素運動はただ体を動かすからストレスが発散されるという訳ではなく、神経伝達物質の働きによると部分が大きいんです。

僕も筋トレ、有酸素運動をする様になって以前より確かに前向きに物事が考えられるようになったと思います。まだまだですが、1日1日を大切にできるようになりました。

前向きになることでストレスにも強くなる事ができますよ。

僕のオススメする有酸素運動。

僕は有酸素運動は嫌いですが、なんとか継続できてます。

何事も継続することが難しいんですが、習慣化するとせずにはいられなくなります。

僕のオススメの有酸素運動とコツを紹介します。

ウォーキング、ランニングは何かをしながら!

ウォーキングもランニングも有酸素運動としては始めやすい種目ですが、単調なので続かない人が多いと思います。あそこまで歩こう、あと、〇分走ろうというのはしんどいです。

僕のオススメは何かをしながら行うやり方です。

僕の場合は、ジムでテレビを見ながら、スマホゲームをしながら、など他に熱中することをしながらやると、10分~20分はすぐに経つので苦痛になりません。

球技でボールを追いかける!

僕の一番のオススメは球技でボールを追いかける!という方法です。

僕の場合は野球、ゴルフがメインなんですけど、日ごろ走るのが嫌いな僕ですが、ボールを追いかけていると全然辛くなく、足が動くんです。

それはたぶん、走ることが目的ではなく、ボールを取る、探す、打つといったことが目的にすり替わっているからだと思います。

趣味がない方は是非、球技で運動不足を解消してください!

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す