円形脱毛症の発症前後で髪質が変わる理由とは?

スポンサーリンク



円形脱毛症を発症する前と後で髪質が変わる事があります。

発症する前に「ここの部分だけ弱しい」とか生えてきた髪が「ここだけ髪質違うな」とか。

実際僕は円形脱毛症になった時に場所によって髪質が変わっていることを感じました。

気になる人に向けて僕の経験を踏まえてお話します。

 

円形脱毛症の予兆で髪質が変わる?

円形脱毛症の前後で毛質が変わる事があります。

円形脱毛症はストレスや自己免疫疾患などの理由で髪の毛に栄養が届かなくなる病気です。

当然髪の毛に栄養が届かなくなるとハリコシがない髪になってしまいます。

僕も円形脱毛症が発症している時は抜ける部分の髪が細くキシキシなっているのが分かりました。

僕の場合は抜ける部分とそうでない部分の髪質の差ははっきりしていました。

円形脱毛症から回復したばかりの頃はまだ細く弱い髪が生えていまいしたが、時間が経つことで改善してくれました。

円形脱毛症の回復後の髪質の変化は?

円形脱毛症が回復するとき、まずはじめに白髪っぽい産毛が生えてきます。

そこから徐々に成長して周囲の髪の毛と比べても違和感のない状態まで戻ります。

見た目は気にならなくても触った感触が違う、ちょっとフワフワ、モサモサという感じがしますが時間が経てば元通りになりました。

その他に髪質が変わる原因ってあるの?

髪質が変わる原因は円形脱毛症によるもの以外も考えられます。

心当たりがないかチェックしてみてください。

毛穴の歪み。

髪質が決まる要因に毛穴の状態が関係してきます。

加齢や血行悪化で頭皮の状況が変わってきた可能性があります。

自分頭皮の硬さはどうでしょうか?

自分では気付きにくいですので他人と比べてみてください。

僕は友達の女と比べる機会があって自分の頭皮の硬さにびっくりしました。

やっぱり綺麗な髪の毛の人は頭皮が柔らかいのか!と痛感しました。

汚れで毛穴が詰まる。

シャンプーのすすぎが足りなかったり、頭皮を洗わず不潔にしていると毛穴が詰まって髪の毛にクセが出ることがあります。

男性もに見られがちなのがすすぎがの甘さです。

シャンプー前後はしっかり時間をかけてすすぎましょう。

ホルモンバランスが崩れる。

正常なホルモンバランスは健康な髪の毛に必要な要素です。

ホルモンバランスが崩れると髪は細く、弱くなってきます。

特に髪の毛には男性も女性も女性ホルモンの量が重要になってきます。

ホルモンバランスは日頃生活習慣が影響します。

睡眠、食生活、ストレスなど、自分の生活をみなおしましょう。

思春期の体が大人になえう時期や加齢、出産、過度のダイエットもホルモンバランスの崩れる原因になります。

まとめ

髪質は円形脱毛症の前後で変わることがあります。円形脱毛症が回復して髪の毛にしっかり栄養がいくようになれば髪の毛も少しずつ元に戻ります。

円形脱毛症が原因で無くとも、毛穴の汚れ、歪み、ホルモンバランスの乱れで髪質が変わることがあります。

髪の毛の状態が気になる方は生活習慣やストレスの蓄積がないか考えて改善に努めてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す