髪の毛が育ちやすい体重になろう!体組成計で理想の体重に。

スポンサーリンク



みなさんは仕事や家事が忙しく、だらしない体になっていませんか?

自分がたるんで来ているのに何かと理由を付けて目を逸らしていませんか?

脂肪が増えて肥満体型になる事は髪の毛に悪い影響を与えることになります。

髪の毛だけでなく、生活習慣病などのリスクを高めることになります。

今人気の芸能人やモデルのようになる必要はありません。

適正体重を意識し、体に負担をかけない体づくりをしましょう。

 

適正体重と理想の体重?

適正体重体重とはなんでしょう。

よく使われるのがBMI(Body mass index)です。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

の計算式で求めることができます。今はネット上で計算できるサイトがたくさんありますのですぐにでも試せます。

BMIでは

  • 18.5未満が瘦せ型
  • 22から25が適正
  • 25異常が肥満

と設定されています。

しかし、このBMIでは筋肉量、体脂肪率が考慮されていないのであくまで目安と考えてください。

普段からトレーニングしている人はBMIが高くても肥満ではありません。

僕は週に1,2回のトレーニングを一年以上続けています。

マッチョではないですが、一度BMI22までダイエットしたことがあるんですが、維持するには好きなものはほとんど食べれませんでした。

今はBMIでいう22・8~23.5くらいで推移してます。

太ってはいませんよ!

また、最近話題になったシンデレラ体重はBMI18、トップモデルは17以下と言われています。痩せすぎも不健康なので過度のダイエットは禁物です。

体重を計るベストなタイミング。

人の体重は1日に1キロは変化します。

僕も朝から晩まで食べ過ぎた時は2キロ近く増えたこともあります。

「自分の本当の体重は?」となってしまいますね。

なので体重は起床後に計った体重が自分の体重と思ってください。

寝起きは食べ物も消化していますし水分も余分なものは抜けています。

毎日、朝起きて体重計に乗る習慣をつけて自分の体重を把握しましょう。

ちなみに、僕が使っているタニタの体組成計の説明書には

「寝起き直後、運動後、食後、入浴後は避けてください。」

と書いていますが、じゃあいつ乗ればいいの?って感じなので毎朝の測定にしています。直後でなくトイレに行った後に乗っていますよ。

体重を計るのは体組成計がオススメ!

スポンサーリンク



先に書いた通り、体重だけでは太り過ぎかどうか判断できません。

自分の体を知る手段として体組成計を使って体重を計ることをオススメします。

 

 

体組成計では身長、体重を入力することで

  • 体脂肪率
  • BMI
  • 内臓脂肪レベル
  • 筋肉量
  • 基礎代謝
  • 体内年齢

などが確認できます。

メーカーやグレードによって機能に差はありますので購入前は確認するようにしてください。

安いものならば3000円台から購入することができますよ。

体組成計は正確ではない!

注意点としては体組成計で測定された体脂肪をはじめとする数値は正確ではないという事です。

体組成計の中には各メーカーの実験で得た統計データが入っていてそれを参考に数値を算出します。つまりメーカーそれぞれデータが違うので誤差が出でます。

また、体組成計は微量の電流を足から流して電流の通りやすい筋肉と通しにくい脂肪を判断します。水分は重力や筋力の働きによって下半身に集中し、水分に含まれる血液は運動、食事、入浴などの影響を受けます。

なのであくまで参考として考える必要があるんです。

僕が使ってるものと実家にあるものを比較しても数値は違っていました。

大切なのは毎日同じ時間に体組成計に乗って変化を見るということです。

毎日計るだけで痩せる?計るだけダイエットはやってみるべき!

「計るだけダイエット」って聞いたことあるますか?

その名の通り毎日体重を計るだけで痩せるという嘘くさいダイエットなんですが、あんがいバカにできません。

毎日体重を計って記録をするだけで生活意識が変わってくるんです。

前日より痩せていたら嬉しくて食べ過ぎに注意しますし、体重が増えていたら食べた食事や運動量を後悔するようになります。

僕は糖質制限と並行で毎日体重を計ってカレンダーに記入していましたが、意識面ではかなりの効果がありました。食事内容や運動量に対する考え方は大幅に変わります。

ダイエット目的だけでなく、キープしたい方にもオススメですよ。

まとめ

  • 肥満は髪の毛に悪影響
  • BMIや筋肉量を参考に自分の理想の体重を考える
  • 体重管理は体組成計で行う。正確ではないことに注意
  • 計るだけダイエットで意識向上

今回は以上です。次回は髪の毛と肥満の関係について掘り下げていきます!

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す