お酒を適量飲んで円形脱毛症改善?オススメの種類と男女の飲み方の違い。

スポンサーリンク



お疲れ様です

また1週間が始まりました。

昨日は会社の先輩と飲みに出かけて色々相談に乗ってもらったので、生きるモチベーションが上がっております!

でも話が盛り上がると飲み過ぎて翌日に影響を及ぼしますね。

頭痛いしお腹はピーピーでした。(泣)

お酒は飲み過ぎると太るし肝臓悪くするし飲み方には注意しなければいけません。

でも飲み方次第では血行改善の効果が得られて、髪の毛にも良い効果があるかも?

円形脱毛症の人も必見です!

円形脱毛症とアルコールの関係についての記事

楽しくお酒を飲んで血行改善!?

アルコールには血管拡張作用があり、これによってアルコールがまわってくると体や顔がぽかぽかしますよね。

だからといって過度の飲酒は逆効果です。

アルコールは飲みすぎると体温低下の作用が働きます。

飲み方を間違えるとアルコールは体温を下げる飲み物になってしまうんですね。

血行改善に効果的なお酒の量とは?

体かぽかぽかして体温が上昇し、気分が楽しくなるのは「ほろ酔い」の段階までです。

どのくらいの飲酒量でほろ酔いになるのか知る必要がありますね。

お酒の強さは個人のアルコール分解能力によって変わりますが参考までに紹介します。

男性のアルコール適量の目安(純アルコール40ml)

  • ビール・・・1000ml(ロング缶2本)
  • 焼酎・・・200ml(ロックグラス1杯)
  • 酎ハイ・・・700ml(350ml缶2本)
  • ワイン・・・400ml(グラス4杯)
  • ウイスキー・・・120ml(ダブル2杯)
  • 日本酒・・・200ml(2合)

女性のアルコール適量の目安(純アルコール20ml)

  • ビール・・・500ml(ロング缶1本)
  • 焼酎・・・100ml(ロックグラス半分)
  • 酎ハイ・・・350ml(350ml缶1本)
  • ワイン・・・200ml(グラス2杯)
  • ウイスキー・・・60ml(ダブル1杯)
  • 日本酒・・・100ml(1合)

となっています。

ご覧の通り全然飲めないですよね。

飲み会行ったら100パーセント飲みすぎ。

家で仕事終わりに1杯飲むくらいが適量ってことです。

なぜ女性の方がアルコール量を飲めない?

女性のアルコール適量は男性の半分になっていますね。

どうしてでしょうか。

筋肉量の違い

アルコールの分解は肝臓だけでなく筋肉でも行われるらしいです。

女性の筋肉量は男性の55%から80%と言われていてこれがアルコールの分解能力の差に出ます。

筋肉は男性ホルモンのテストステロンが多い方がつきやすく、男性は女性の15倍も分泌量があります。

女性も鍛えれば一般男性並みのアルコール分解能力が得られるってこと?

肝臓の大きさの違い

アルコール分解は主に肝臓で行われます。

肝臓が大きければアルコール分解能力が高く、肝臓が小さければ低いのが一般的です。

肝臓にも男女差があり、成人男性の平均が1.5㎏で成人女性の平均が1.3㎏です。

この200gの差がアルコールの分解能力の差に出るんですね。

体格による血液量の違い

血液量は男性は体重の8%、女性は7%と言われています。

  • 体重70㎏の男性なら血液量5600㎖
  • 体重50㎏の女性なら血液量3500㎖

となります。

血液量が少ないほどアルコールの血中濃度が高くなるので、女性の方が酔いやすく、肝臓にダメージを受けやすいというわけです。

血行改善に効果のあるお酒の種類とは?

お酒といっても種類は様々です。

血行改善に効果があるお酒の種類について紹介します。

日本酒

日本酒には善玉コレステロールを増やす作用があり、血液をサラサラにしてくれます。

また、体温上昇の持続時間も他のアルコールより長いという特徴があり、血行改善に繋がります。

でも適量ならの話なので飲みすぎないように!

赤ワイン

赤ワインに含まれるポリフェノールに血行改善の効果があります。

ホット赤ワインで飲むと温まっていいですね。(飲んだことないので近々挑戦します。。。)

焼酎

焼酎に含まれるウロキナーゼには血管の詰まりを解消する効果があります。

ウロキナーゼが多く含まれる焼酎は芋焼酎、泡盛です。

こちらも温めて飲むといいですね!(めっちゃ好き)

ウイスキー

ウイスキーにもポリフェノールが含まれていますが、含有量は赤ワイン以上です。

時間をかけて熟成したウイスキーの方がポリフェノール含有量が高いので、お金に余裕のある方は高級ウイスキーをチビチビ飲むのがオススメです。

さいごに

お酒を血行改善のために飲むには、夕食時に1杯飲む程度でなければならないことが分かりました。

1ヵ月に何回も飲み会に行っていると明らかに飲みすぎなので意識して休肝日を作るべきですね。

女性は体の作りから男性よりもアルコール障害を起こしやすいです。

男性と張り合って飲んでしまう女性は注意しましょう。

お酒の種類は日本酒、焼酎、赤ワイン、ウイスキーあたりが血行改善が期待できそうです。

お酒は飲みすぎたら逆効果なので適度に楽しみましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す