白髪予防に効果のある食べ物ってなに?一人暮らしでも栄養を摂取できる方法。

スポンサーリンク



独身一人暮らしをしていると栄養が偏ってしまい、栄養不足になりがちです。

特に仕事の帰りが遅い方は自炊するのも大変ですよね。

でも食生活の意識を変えないと白髪が増える原因になってしまいますよ。

今回は白髪予防に良い食べ物、一人暮らしで摂取するオススメ方法について紹介します。

独身一人暮らしの男目線で紹介しますので、こだわって調理したい方には参考になりませんのでご了承ください。(笑)

髪の毛を作るタンパク質を摂取する

タンパク質は髪の毛を作る大切な栄養素です。

一日に必要なタンパク質量は

体重×1g

と言われていて、スポーツやトレーニングをする人はこの1.2~2倍摂取する必要があることを頭に入れておいてください。

タンパク質を取ろうと思えばまず最初に肉類が思い浮かびますね。

タンパク質を多く含む肉類についての記事はコチラ

一人暮らしをしていると食費はあまりかけたくない所。

オススメは鳥の胸肉、もも肉、ささみあたりです。

特に若い男性諸君!スーパーに行って買い物をしていますか?

外食やコンビニがメインになっていると気づかないですが、特売の商品なら割安で鶏肉を買う事ができます。

恥ずかしい話ですが、僕も仕事初めてから最初の数年はほとんどスーパーに行かず、価格も把握できていませんでした。

今では特売日に鶏肉をまとめ買いして冷蔵保存することでタンパク質を確保しています。

調理は鍋だったり野菜炒めだったり一人暮らしで出来るもので美味しく食べられます。

中華だしや鍋の素などを複数持っていると飽きも来ないです。

魚類も思ってた以上にタンパク質は豊富です。

でも僕的には価格が高い、お腹がいっぱいにならない、というデメリットからあまり積極的には摂取できていないです。ご飯でお腹を満たそうとすると太りますしね。。。

夜スーパーに行って値引きされた魚の切り身、刺身をたまに買うくらいです。

煮物とかマスターすればもっと効果的に魚からタンパク質を摂取できるのかなと思っています。

タンパク質豊富な魚を紹介している記事はコチラ

タンパク質は大豆類からでも摂取することができます。

特に一人暮らしオススメは納豆ですね。

タンパク質の含有量は1パックあたり7.5gほどで多くはないですが、ご飯にかけるだけで食べれますし価格も1パックあたり30円前後とお手頃。

納豆が苦手な方は生卵と一緒にご飯にかけて醤油を垂らすと食べやすいかも!

お金がない時でも食べられますよ!

食べるのが苦手な方はプロテインもオススメです。お金はかかりますが、1杯でタンパク質25gほど取れますので気軽に摂取することができます。

 

ヨードが豊富な海藻類

スポンサーリンク



ワカメ、昆布などの海藻類にヨードが豊富に含まれています。

ヨードは要素とも言われ、髪の毛を黒くする細胞のメラノサイトの働きを助けてくれます。

とはいえ、一人暮らしで海藻を取るのって難しいでよね。

僕も海藻類を取る場合はコンビニのサラダや定食の味噌汁、ひじきなんかを頼ってしまいます。

お歳暮とかでいただける海苔とはか重宝してます!

イワシ、サバなどの青魚からも摂取することができますよ!

乳製品に含まれるチロシン

牛乳、チーズなどに含まれるチロシンは髪の毛を黒くするメラニンのもとです。

チーズやヨーグルトはコンビニで買えますので間食によく食べています。

バナナ、リンゴなどの果物や魚介類、ナッツ類からも摂取できます。

同様に含まれるカルシウムも元気な髪の毛を作るうえで大切な栄養素です。

一人暮らしだとチロシンもカルシウムも意識しないと不足がちですので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

チロシナーゼの働きを助ける銅

チロシナーゼはチロシンと同じくメラニンを作る成分の一つです。

牛レバーやイカ、牡蠣などの魚介類、こぼう、にんにくなどの根菜に含まれますがチロシナーゼを目的に摂取を続けるのは難しそう。

僕としては間食にナッツ類を食べることをオススメします。

ナッツ類はチロシナーゼの他にもビタミン、ミネラルが豊富で脂質も低いので太りにくいです。

価格は少し高く感じるかもしれませんが、家においたりカバンに入れておくといいですよ。

まとめ

一人暮らしで仕事をしながらではバランスよく栄養を摂る為の食事を準備するのは難しいです。(もちろん几帳面な方はできるでしょう)

白髪が気になる方は必要な栄養素と簡単なメニューを頭に入れておくだけで食生活は少しずつ改善できます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す