薄毛、白髪に効果抜群の入浴方法とは?首を温めると血行改善される!?

スポンサーリンク



一人暮らしをしていると風呂にお湯を張らずにシャワーで済ませている人は多いと思いますが、血行改善やリフレッシュ効果を考えると毎日湯船に入るべきなんです!

僕は半身浴をたまにやるんですが、良い方法を調べている途中で髪の毛に効果抜群の入浴方法を見つけて試しているので今回紹介したいと思います。

ポイントは首と肩をしっかり温めてリラックスすること

まず自分が湯船に使っている姿を想像してみてください。

胸より下のあたりの水位で入浴していませんか?

そういった人深い所まで使って長い時間入浴していると心臓に負担がかかるという話を聞いた事があるからだと思います。

ですが、血行改善を考えた場合、水位は深い方がいいです。

後頭部までしっかり浸かること!

これが一つ目のポイントになります。

首と肩がしっかり温められるようお湯の量を調整してください。

しっかりと後頭部まで浸かれたらゆっくりと深呼吸をしてください。

大きく吸ってゆっくりと息を吐く。

これが二つ目のポイントです。

だいたい時間にして10分から15分浸かったら湯船から上がりましょう。

三つ目のポイントは温度です。

体を温めるために無理に高い温度にする必要はありません。

熱く感じず、冷たくもなく、自分が温かいと感じる温度でオッケーです。

大事なのはしっかり後頭部まで浸かることとリラックスすることです。

なぜ首を温めると髪の毛が元気に?

スポンサーリンク


なぜ首を温めると髪の毛が元気になるんでしょう。

2つの理由を解説していきます。

血行改善で髪の毛に栄養が届きやすくなる

心臓から押し出された血液は肩、首を通って頭皮、髪の毛と流れていきます。

肩と首が凝り固まっていると血流が悪くなり、髪の毛まで効率よく栄養を届けることができなくなってしまい、薄毛、白髪などの原因になります。

デスクワークで姿勢が悪かったり、力仕事で肩に力が入ってしまうと肩、首は凝り固まってしますし、運動不足ならなおさらです。

リラックスで自律神経のバランスを整える

自律神経は呼吸や心拍、体温調節など僕たちが無意識に行っている生命活動を支えている神経です。

自律神経には

  1. 心身を緊張、興奮させる交感神経
  2. 心身をリラックスさせ、落ち着かせる副交感神経

の2つの種類があり、スムーズに切り替えをすることで健康な生活を送る事ができます。

しかし、仕事や家事、育児などでストレスが溜まると切り替えがうまくいかず、交感神経の方が強く働いてしまい、血管収縮、睡眠障害などの症状が起こります。

血行悪化も睡眠の質の悪化も髪の毛には悪影響を与えてしまいます。

そこで今回紹介している入浴方法です。

リラックスして入浴することは副交感神経を働かせるということです。

自律神経にとって大事なのは交感神経と副交感神経のバランスです。

この入浴方法で自律神経のバランスを整えることが健康な髪の毛の成長につながります。

毎日お湯を張るのと光熱費が高くなる!という方へ

毎日お湯を溜めて入浴するとけっこう光熱費上がりますよね。

ちなみに僕はガスの請求18000円が最高記録です(泣)

一人暮らしですよ?お湯出したまま寝てしまったりしましたが!

プロパンガス恐るべし。

そんな方にはタオルを使った方法をオススメします。

やり方は50℃くらいで温めたタオルを首の後ろに当てて5分ほど温めるだけです。

十分な効果は得られますよ!

まとめ

  • 後頭部までお湯に浸かること
  • 深呼吸をしてリラックスすること
  • 温度は無理せず自分が温まることのできる範囲で
  • 光熱費が気になれば温タオルで代用

今回紹介して入浴法は気軽にできますので今日からでも試してみてください!

疲れていると気持ちよくなって寝そうになってしまうので溺れない様に目覚ましでもセットしていただければと思います!

スポンサーリンク



コメントを残す