タンパク質不足で血行悪化?無駄な食事を見直そう!

スポンサーリンク



血行が悪いと髪の毛まで必要な栄養が届かなくなり、円形脱毛症や薄毛の原因になる可能性があります。

また、冷え性と地味に辛い症状が続きますので日々の血行改善対策が大切になってきます。

血行が悪くなる原因は様々ですが、筋肉や髪の毛を作っているタンパク質も原因になることがあるって知ってますか?

タンパク質の摂取が血行改善につながる理由って?

血行を良くするにはまず「血液の質」「血液の量」が大切になります。

タンパク質は血液の成分の中でも「水」の次に多い成分となっていて、血液の質、量を向上させるために大切な栄養素となっています。

ですが、僕の職場の人、友人、家族の食事内容を見ると明らかにタンパク質が不足しています。

肩こりに悩んでいる人は尚更そういった傾向があります。

タンパク質をただ摂取しまくればいいという訳ではありません。

自分に必要なタンパク量について把握して自分の日頃の食事内容で大丈夫なのか確認してみてください。

自分に必要なタンパク質の量を知ろう

タンパク質の1日の必要量は

自分の体重(㎏)×1g

 

と言われています。

日常的にトレーニングをしている人は

自分の体重(㎏)×1.2~2倍

必要になります。

僕の場合は体重が70キロ前後なので1日あたり最低でも70gは摂取するように心がけています。

トレーニングもしますので多い時は140g近く摂取することもあります。

僕の食事パターン

僕は一人暮らしでお金に余裕があるわけでもないので質素でおおざっぱな食事内容ですが紹介します。

 

朝:プロテイン(タンパク質25g)もしくは目玉焼き2個(タンパク質15g)

昼:肉類が含まれた定食(タンパク質20~40g)

間食:トレーニングした日はプロテイン(タンパク質25g)

夜:肉類の野菜炒め(タンパク質20~40g)

ざっくりこんな感じです。70g以上は取れていそうです。

脂質は摂り過ぎると太ったり血液がドロドロになって血行悪化の原因になるので摂り過ぎないようにしています。

一方で、タンパク質の摂取を意識していない人は

  • 朝食を抜く
  • ファーストフード
  • お菓子など間食

などタンパク質だけでなくその他栄養素さえも摂取できていない人が多いです。

1週間でいいので自分が何を食べてどのくらい栄養素を摂取できているのか。

ざっくり計算してみることをオススメします。

タンパク質摂取にオススメの食材

スポンサーリンク


僕は独身一人暮らしなんで食事は手っ取り早く済ませます。

あまり参考にならないかもしれませんが簡単にタンパク質を摂取できるものを紹介します。

王道の肉類・魚類

肉類は主に鶏、豚がメインです。牛肉は少し高いので少な目です。

肉類はざっくり100gあたり20g程のタンパク質が含まれています。

1食で200g食べれば十分です。

注意するのはバラです。

バラには脂質が多く含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。

細菌ではコンビニで売っているサラダチキンが優秀ですね。

タンパク質が25g程とれて脂質も少ないです。

好きな人はおやつにでも食べると1日に必要なタンパク質量はクリアしやすくなります。

タンパク質を多く含む肉類についての記事はコチラ

ちょっと高いけど優秀な魚類

一方で魚類もタンパク質は豊富です。

マグロ、サケ、サンマなど100gで15g~20g程タンパク質を摂取することができます。

また、魚の油は不飽和脂肪酸と呼ばれ、体内の中性脂肪やコレステロール値を整える働きがあります。

ぜひ積極的に取り入れたいですが、少し値段が高くなるのがネックで僕は肉類を食べることの方が多いです。

タンパク質が多い魚を紹介している記事はコチラ

その他タンパク質摂取に便利な食材

  • 卵・・・タンパク質7g~12g
  • 納豆1パック・・・タンパク質約12g
  • 豆腐・・・タンパク質7g
  • お米茶碗1杯・・・タンパク約7g

一人暮らしだったらこれだけあれば十分タンパク質を補給できます。

ただお腹を満たすだけでなく何を食べて何を摂取するのか考えてみましょう。

まとめ

筋肉や髪の毛を作っているイメージが強かったタンパク質ですが、血液の大半を占めている栄養素でもあります。

タンパク質が足りないと血液の量、質が下がり血行悪化に繋がります。

自分の食事を見直して、タンパク質を含む食材を積極的に取り入れてみませんか?

スポンサーリンク



コメントを残す