あなたの耳鳴りの原因はストレス?自律神経失調症とその他考えられる病気について。

スポンサーリンク



疲れやストレスの蓄積で起こる症状の1つとして「耳鳴り」があります。

僕自身、年度末は忙しくフラフラで働いていたら、先日からたまに耳鳴りがします。

思い返すと円形脱毛症になったときもそうだったような。。。

気になったので今回は耳鳴りについて調べてみました。

ストレスが溜まるとなぜ耳鳴りが起こるの?

ストレスによる耳鳴りは自律神経の乱れによって起こります。

いわゆる自律神経失調症と言われる症状で耳鳴り以外にも様々な症状が起こる可能性があります。

自律神経には活動的な日中の時間に働く交感神経と夜寝ている時やリラックスしているときに働く副交感神経の2つがあり、バランスよくスムーズに切り替わることで人は健康な生活を送ることができるようになっています。

自律神経失調症は主にストレスなどで自律神経のバランスが狂ってしまうことによって起こります。

交感神経の方が活発になると起こる症状の一つに血管収縮があり、これによって血行が悪くなり、耳鳴りとして症状が出ると言われています。

また、副交感神経が活発に働くことでも音を聞き取る内耳の働きに影響が出て耳鳴りは起こります。

自律神経失調症に関しては専門の先生でもハッキリと言い切れない部分があるようです。

自律神経失調症によって起こる症状とは?

自律神経失調症では様々な症状が起こる可能性があります。

自分に当てはまる部分がないか確認してみてください。

  • 不眠・イライラする・集中力低下。情緒不安定などの精神面の症状
  • 疲労感・倦怠感・食欲不振・めまいなどの精神症状
  • 頭痛・抜け毛
  • 耳鳴り・耳が詰まった感じがする
  • 口の乾き・痛み・のどのイガイガなどの口腔系の症状
  • 動悸・息切れなど心臓・呼吸器の症状
  • 吐き気・便秘・下痢・ガスが溜まるなど消化器症状
  • 手足のしびれ、・冷え・痛み
  • 多汗・汗が出にくい・乾燥などの皮膚症状
  • 頻尿・尿が出ない・インポテンツ・射精障害・生理不順など泌尿器や生殖器症状
  • 肩こり・筋肉や関節の痛み

見ての通り症状は多岐にわたります。

自分で自律神経失調症と判断するのは難しいですね。

その他に耳鳴りが起こる原因ってある?

耳鳴りがするからといって自律神経失調症であるとは限りません。

 

耳垢が溜まっていたり、耳に異物が入ってしまっている場合

自律神経の乱れの場合「キーン」といった金属音のような音が聞こえることが多いですが、耳に何かしらのものが詰まっている場合は「ガサガサ」という音やプールやお風呂で水が耳に入ったときのような感覚になります。

無理に取ろうとすると耳の器官を傷つける恐れがあるので耳鼻科に行って取り除いてもらいましょう。

大音量による刺激

イヤホンで大音量で音楽を聴いたりするように耳元で大きな音を聞くと衝撃で内耳が傷つき耳鳴りの原因となります。

こういった症状を音響障害といって聴力低下の原因にもなります。

イヤホンやヘッドホンで適正な音量で音楽を聴いていても長時間になると音響障害を発症することがあるので、耳を休ませることも意識しましょう。

中耳炎による耳鳴り

中耳炎は鼓膜の内側にある中耳が細菌に感染して炎症を起こすことで起こる症状です。

細菌は外から(外耳)から入ってくるわけではなく、風邪などの原因になっている菌が増殖して鼻から入ってくることで起こります。

回復には1ヵ月~3ヵ月かかると言われていますので、耳鼻科で診察を受け、医師の指示に従ってゆっくりと治療していきましょう。

メニエール病による耳鳴り

スポンサーリンク


メニエール病は内耳が腫れることで、めまい・耳鳴りが数十分から数時間続く症状が出る病気です。

原因については明確に分かっていないですが、疲れ、ストレスの蓄積とも言われています。

耳鳴りにめまいが併発している場合はメニエール病の可能性があります。

自律神経失調症の対策とは?

自律神経の乱れを改善するポイントは2つです。

  • ストレスを溜めないこと。ストレスを発散すること。
  • 睡眠をはじめとする規則正しい生活を心がける。

自律神経が乱れるということは強いストレス感じる環境で働いていたり、生活習慣が乱れているということです。

自分の生活環境を思い返して出来るところから改善していきましょう。

最近書いた記事で自律神経を整えるツボについて書いたものがあるので、よかったら試してみてください。

自律神経を整えるツボについての記事はコチラ。

ストレスを溜めない考え方と行動に関する記事はコチラ。

耳鳴りはどこの病院に行けばいい?

耳鳴りが起こる病気は様々なのでどの診療科を受診すればいいか迷いますが、中耳炎など耳の器官に問題がある場合は耳鼻科、自律神経に原因があれば心療内科を受診することになります。

素人では判断することが難しいですが、症状から推測してどちらかの専門医に相談するのが良いでしょう。

診察してくれた専門医の領域でなければ別のクリニックや診療科を紹介してくれます。

まとめ

耳鳴りの原因は自律神経のトラブルの可能性があります。

自分の出来る対策から始めて、症状が重い、気になる方は神経内科を受診しましょう。

また、耳鳴りが症状として出る病気は様々です。自律神経の乱れが原因で無い場合は耳鼻科などその他の診療科を受診してください。

スポンサーリンク



コメントを残す