PRP療法で円形脱毛症が改善?誰でも気軽に治療できるの?

スポンサーリンク



現代のストレス社会では多くの人が髪の毛に悩みを抱えています。

医療の進歩で誰でも気軽に健康な髪を手に入れる日がくるのを期待しているでしょう。

近年では髪の毛の最新治療としてPRP療法というものがあります。

自分の血液を使うことで髪の毛を作る組織が回復するというものです。

いわゆる「再生医療」の一つなんですが、円形脱毛症の治療としてはどうなんでしょうか?

PRP療法はどんな治療?

PRP療法とは自分の血液の成分である血小板を頭皮に注入することで健康な髪の毛が生える体を取り戻すという治療です。

  • 多血小板血漿療法
  • ACR療法

とも呼ばれます。

血小板にはいくつか働きがあります。

  1. 血小板凝集による止血作用
  2. 傷ついた血管や細胞を修復する作用

PRP療法は②の修復作用を利用して頭皮が髪の毛を作る仕組みを再生するというものです。

その他の分野でのPRP療法

PRP療法は皮膚のアンチエイジング療法やスポーツ医療の分野、歯科でのインプラント治療の補助として現在も使われている治療法です。

アンチエイジング治療では目元、首、おでこなどに血小板を注入することで皮膚細胞の再生能力を高めることでクマやシワを改善することを目的とします。

スポーツ医療の分野では主に肘、膝のじん帯やアキレス腱の治療に実施されています。血小板が組織の自己治癒力を高めることで早期回復が期待できます。

近年ではメジャーリーガーの田中将大投手の肘の治療法としてPRP療法が使われたのも記憶に新しいですね。

歯科の分野ではインプラント治療の治療後の回復を早める目的でPRP療法が使われています。血小板の効果で痛みや不快感も軽減されるそうです。

円形脱毛症にPRP療法は効果と安全性は?

血小板の成長因子によって円形脱毛症の原因である自己免疫機能による炎症が改善されたという報告があり、円形脱毛症に対してPRP療法は効果があることが認められています。

また、イタリアの国際毛髪研究財団(IHRF)の実施したPRP療法の試験において下記の結果が報告されています。

・円形脱毛症におけるPRPの有効性を調べる初めての検討である今回の予備的研究において、PRPが安全かつ有効な円形脱毛症治療の選択肢となる可能性が示唆された。さらなる大規模対照試験が求められる。

 

原著論文:Trink A et al. Br J Dermatol. 2013 Sep;169(3):690-4. Epub 2013 Apr 22.

引用元:円形脱毛症に多血小板血漿療法が有望 ケアネット

 

難しい表現がされていますが、とにかく円形脱毛症に対してPRP療法を行う価値が確認できたということです。

安全性については自分の血液を使用するということもあり、アレルギー、副作用等の心配はいらないことが各分野で出ている情報から確認できました。

ではPRP療法は僕たち一般市民でも受けることはできるんでしょうか?

PRP療法を受ける上での問題点やデメリットとは?

 

いろんな分野で使われているPRP療法ですが、デメリットはあるんでしょうか?

費用面と治療を受けられる場所について調べました。

スポンサーリンク


保険適用外の為に自己負担額が大きい

PRP療法は保険適用外の治療法になります。

おおよそですが、初期検査量も含めると1回10万円~20万円。

それを半年から1年のサイクルで行っていくと。。。

容易に想像がつきますね!車くらい買えてしまう額になります。

誰でもすぐに準備できる金額ではないですし、気軽にも試せないのは大きなデメリットになります。

「治療をしても症状が改善しない」「いつまでも繰り返し発症してしまう」といった方の選択肢であって、円形脱毛症になったから直ぐに治したいという人のための治療ではないと思います。

どこでもPRP療法が受けられる訳ではない

PRP療法はどこのクリニックでも実施しているわけではありません。

厚生労働省から再生医療提供施設としての認可がおりた施設でのみ治療することができます。

ちなみに僕の住んでいる兵庫県で検索したところ、ヒット数は「0」です(泣)

東京都内の数施設で実施を確認できましたが、円形脱毛症の治療としてはまだまだ日本では浸透していないようです。

まとめ

PRP療法は美容やスポーツ医療の分野で実施されていて、近年では円形脱毛症やAGAなどの髪の毛の治療法としても効果が証明されています。

しかし、治療費が高かったり、実施施設が少ないという点で誰でも気軽にという治療法ではありません。

今後も医療が進化し続けて僕たちが髪の毛の問題に悩まない時代がくるといいですね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す