体の免疫力は腸内環境で決まる?免疫細胞と腸内の免疫について調べてみた。

スポンサーリンク



円形脱毛症は人の体に備わっている免疫機能の異常によって起こるって言われていますね。

ならば、免疫機能を鍛えればいい!

と思ったはいいものの何から始めたらいいのか分からない。。。

この不安を解消するために免疫機能について勉強してみました。

免疫機能ってなに

免疫機能とは人に備わっている外から入ってきた細菌やウイルス、体内のがん細胞などを撃退する機能のことです。

まぁみなさんなんとなく知っていることでしょう。

無意識のうちに体はいつも戦ってくれているんですね。

では免疫細胞とはなんだろう。

免疫細胞ってなに?

免疫細胞って具体的にはなに?っていう話なんですが、

免疫細胞の一つは白血球になります。

血液成分の一つで酸素を運ぶ赤血球や血を固める血小板の仲間です。

白血球を分類すると3つに分かれます。

  • 単球から分化するマクロファージ、樹状細胞
  • 顆粒球と呼ばれる好中球、好酸球、好塩基球の3つ
  • リンパ球と呼ばれるT細胞、B細胞、NK細胞

マクロファージは体内に侵入した細菌やウイルスを食べ、その他の免疫細胞に伝える。

樹状細胞は外敵を取り込んでその特徴をその他の免疫細胞に伝える。

顆粒球は主に細菌類を食べる。

T細胞には樹状細胞からの情報を得て外敵を排除するキラーT細胞とヘルパーT細胞からの情報を得て外敵を攻撃するB細胞、独自に外敵を攻撃するNK細胞があります。

ややこしいですが、それぞれ役割があってチームとして外敵を攻撃してるんですね!

白血球が血流に乗って全身を巡って体を守ってくれていると分かりました。

腸内の免疫機能

腸は食べた物を消化、吸収して、排出する役割を持っていますが、それだけではなく、食べ物に付着した菌やウイルスから体を守ってくれる働きがあります。

腸の免疫器官の一つであるパイエル板には上記に紹介した樹状細胞やT細胞、B細胞が集中していて強力な免疫力を発揮してくれています。

人の免疫細胞の6割~7割が腸内に存在していると言われていて、腸内の免疫力が全身の免疫力に影響すると言われています。

また、腸内には約500種類の細菌が100兆個も存在します。

「腸内フローラ」という表現は最近よく耳にしますね。

腸内細菌の内、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌には免疫細胞を強化することで免疫力を高める効果があります。

なので体の免疫力を高めたいのなら腸内環境を強化することが重要になります。

全身の免疫力を高めるには?

ここまで調べた結果

全身の免疫力を高めるには腸内の免疫細胞を強化する

というのがポイントだと分かりました。

腸内の免疫細胞を強化するには腸内の善玉菌を増やす必要があります。

ではどうすれば善玉菌が増えるのか。

食事で善玉菌を増やす

スポンサーリンク


善玉菌を増やすにはやっぱり食べるものが大切になります。

善玉菌を効率的に増やすにはオリゴ糖と食物繊維を含んだ食べ物が効果的です。

どちらも善玉菌のエサとなって増殖を助けてくれるので意識して食べてみてください。

 

オリゴ糖を含んだ食べ物

  • 味噌
  • 醤油
  • 玉ねぎ
  • バナナ
  • 大豆
  • ヨーグルト

最近ではサプリメントで直接的に善玉菌を取ることもできるので選択肢に入れてみるのもいいかも。

肉の食べ過ぎに注意?

肉類の食べ過ぎは逆に悪玉菌を増やしてしまい、腸内環境を悪化させる原因になるようです。

僕はトレーニングをしている関係と髪の毛を元気にしたいのでタンパク質は取る為に肉は多めに食べるようにしているのでショッキングな情報でした。

食生活については日々勉強していますが、つくづく食事は結局バランスが大事なんだなと痛感します。

感想・まとめ

体の免疫力を高めるには、免疫機能の大半を占める腸内の免疫を強化すればいいと分かりました。

腸内の免疫の強化が全身の免疫力強化に繋がるということは多数報告されているようです。

腸内の免疫力を高めるのはやっぱり食事です。

僕は肉も野菜もしっかりバランス良く食べればよいと解釈しました!

今回は以上です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す