ミストサウナの効果はドライサウナと違う?女性も嬉しいメリットとは?

スポンサーリンク



僕の日課のひとつにジムで体を動かしたあとに入るサウナがあります。

普段使っているサウナは「ドライサウナ」と呼ばれるもので、サウナと聞いて誰もが最初にイメージがするタイプのものです。

がっつり汗かいて水風呂に入るとホントにすっきりしますよね。

つい先日、仕事が忙しくジムに行けなかったので近場の銭湯に行ってみたんですが、そこに設置されていたのが「ミストサウナ」。

普段使っているドライサウナより表示温度が低いので物足りないかな、と思ったんですが、意外とよかったんです。

そんなわけで今回はミストサウナについて調べてみました。

ミストサウナの特徴

ミストサウナの特徴の一つに温度と湿度があります。

ドライサウナが温度100℃、湿度10%なのに対し、

ミストサウナは温度40℃、湿度100%と温度が低く、湿度が高いです。

実際に入ってみても暑いと感じるよりはモワッと湿気を感じる程度です。

温度が低いことで内臓への負担も少ないのでドライサウナが苦手な方や心臓に負担がかかることが不安な方、高血圧の方などにはオススメのです。

サウナに入っている時間もドライサウナが10分以内が推奨されているのに対して

ミストサウナは15分と長く入ってもリスクが少ないことが表れています。

僕の行った銭湯にはミストサウナ内にシャワーが複数設置されていて、サウナの中で冷水を浴びることが出来るという贅沢な環境でした。

かなり気持ち良かった!

残念ながら全てのミストサウナに設置されているわけではなさそうです。

 

ミストサウナの効果はほぼドライサウナと同じ?

ミストサウナとドライサウナ。得られる効果も違うんだろうなと思っていたんですが、調べているとほぼ同じ効果が得られるようです。

  • 血行改善による冷え性、むくみの改善
  • 高血圧の改善
  • 心臓の負担減少
  • ストレス解消
  • 不眠改善、安眠効果
  • デトックス効果

これだけの効果が得られるならどちらを選ぶかは好み次第といったところでしょうか。

以前にサウナについての記事も書いているのでよかったらそっちも読んでみてください!

サウナは危険?健康?相対する2つの考えについての記事。

ただ、いつも通っているジムのサウナでヒーヒー言いながら入っているお爺さん達は少し心配ですね。汗

さすがにジムにミストサウナは付けれないと思いますが。

ミストサウナのメリットとは?

スポンサーリンク


先ほど、ミストサウナもドライサウナも効果はほぼ同じと書きましたが

ミストサウナ独自の効果、メリットもあるようです。

鼻炎改善効果

1つは「アレルギー性鼻炎の改善」です。

ミストサウナによる微粒子化した水分を鼻から吸う事で、鼻炎の原因になる花粉やホコリを粘膜から落とすことが出来るので症状が軽減されることがあります。

鼻炎治療で行われる鼻洗浄やスチール療法といったものに近い効果が得られるわけです。

春先の花粉症が辛い時期はミストサウナを試してみるのもいいかもしれません。

お肌の水分量アップ

もう1つの効果はお肌の水分量の増加です。

ミストサウナ内では水が細かい粒子状で存在していて、それが、肌に染み込むことで、肌の水分量があがります。

これによってカサカサの乾燥肌が改善されたり、女性では化粧のノリが良くなったりする効果が得られます。

また、目立つ顔のシワ、毛穴の減少が確認されたとの報告もあり、女性に嬉しい効果も多いです。

体の負担が少ない

先に書いた通り、ミストサウナは低温、高湿度なので体への負担も少ないです。

お年寄りや子供が入ってもドライサウナよりは格段にリスクは少ないです。

そういえばこの前行った銭湯のミストサウナでも子供連れのお父さんがミストサウナに入っていました。

ナイス判断ですね!

ミストサウナは自宅でも楽しめる時代!

これはまったく把握してなかったんですが、最近では自宅のお風呂にミストサウナが設置できるらしいです。

しかも後付けでも可能!

価格は本体が30万円前後で、1回の使用コストはメーカーによりますが約40円ほど。

意外と現実的な価格ですよね!

将来は家にミストサウナを付けるという新しい夢ができました。(笑)

まとめ

ミストサウナにはドライサウナの効果に加えて

  • 鼻炎改善効果
  • お肌の水分量アップ
  • ドライサウナより体への負担が軽い

といったメリットがあります。

最近では自宅に設置することもできるようになっているので、将来、家の購入を考えている方は検討して欲しいですね!

今回は以上です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す