MCTオイルでケトジェニックダイエット開始!効果とオススメの飲み方。

スポンサーリンク



食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足などで脂肪を蓄えて肥満になってしまうと血液の流れが悪くなります。

すると頭皮や髪の毛まで栄養が届きにくくなり円形脱毛症や薄毛のリスクが高まります。

僕は円形脱毛症を経験しているので太らないように気を付けていますが、食べたり飲んだりするのが好きなのでジワジワ太ってしまいました。

そこで人生2回目のダイエットを決意しました。

今回はダイエットを成功させるためのアイテムとしてMCTオイルを導入してみました。

ケトジェニックダイエットを成功に導いてくれるんでしょうか?

その効果や飲み方について紹介します。

まず簡単にケトジェニックダイエットの仕組みについてお話しておきます。

ケトジェニックダイエットの仕組み

ケトジェニックダイエットは、糖質制限ダイエットとも呼ばれますね。

僕たち人間は通常「糖分」をエネルギーにして活動しています。

この糖分を意図的に不足させることで脂肪を燃焼させるのが狙いです。

なぜ糖分が不足すると脂肪が燃焼するのか?

簡単にいうと

糖分の代わりに脂肪を分解して作られるケトン体を使う体に変化するから

です。

細かく説明すると難しいんですが、脂肪をエネルギー源とする体になるから痩せるってことです。

この状態の事を「ケトーシス」といいます。

ケトーシス状態に入る為には2週間ほど糖質を制限する必要がありますが

今回紹介するMCTオイルがここで役に立ちます!

MCTオイルとは?

MCTオイルはココナッツなどのヤシ科の植物から採れる成分です。

牛乳や母乳にも含まれています。

MCTは日本語では「中鎖脂肪酸」と呼ばれます。

合成によって作られるので無味無臭でサラッとしています。

ダイエットに役立つ素晴らしい能力を持っていますので是非知っておいてください!

MCTオイルのダイエット効果

なぜMCTオイルを摂取するとダイエット効果が得られるのか?

なぜケトジェニックダイエットが成功するのか?

読んだら痩せる理由が分かります!

体内に蓄積されにくい

サラダ油やオリーブオイルなど、一般的に使われる油は長鎖脂肪酸といって体内に蓄積してから必要な時に使われます。

それに比べて中鎖脂肪酸であるMCTオイルは体内に留まる時間が少なく、すぐにエネルギーとして使われるという特徴があります。

すなわち、脂肪になりにくいということです。

ケトーシス状態への移行をサポート

さきほど紹介したように、ケトジェニックダイエットを成功させるにはケトン体をエネルギーにする体「ケトーシス」になる必要があります。

MCTオイルは体脂肪をケトン体に分解するのをサポートしてくれる働きがあり、体がケトーシス状態に移行しやすくしてくれます。

ケトジェニックダイエットにおいてケトーシス状態に入るのが最初の難関ですので非常に嬉しいメリットになります。

空腹感を満たしてくれる

ダイエットにおいて空腹感は大敵です。

人は基本的に自分の欲求を満たそうとする生き物なのでお腹が空くとガッツリご飯を食べたくなったり、甘いものを食べたくなったりしてしまうものです。

ダイエット中の僕もコンビニに行くとどうしても甘いものに目がいってしまいます。(負けませんが!)

そんな人はMCTオイルを摂取すれば空腹に勝てるかもしれません。

腹持ちがいいので糖質制限中でも空腹を抑えてくれます。

MCTオイルの使い方

MCTオイルは1日60gを朝昼晩3回に分けて飲むのが理想的です。

直接飲むのではなく、コーヒー、豆乳、ヨーグルトなどに混ぜて飲むといいです。

基本的に無味無臭なので味に変化はありません。敏感な人は油っぽさを感じるかも?

僕は朝、夜にプロテインに混ぜて飲んでいます。

昼は仕事に持っていくのが面倒で。

ケトジェニックダイエットはタンパク質の摂取量も大事です。

筋肉量を維持したい人は試してみてください。

MCTオイルを使うデメリット

スポンサーリンク


MCTオイルのデメリットとして僕が感じたのは2点。

  • お腹を下すリスクがある
  • 飲み続けるには少し価格が高い

副作用として飲みすぎると下痢をするといったことが言われています。

実は僕は最初に飲むときに「youtubeで見たらまぁまぁ入れてたな」とか思って30gくらい入れたらその日のお昼から猛烈に下痢をしてしまいました。

こんなにお尻から水出る?ってくらい。(笑)

汚い話で申し訳ないですが十分気をつけてください。

お腹が弱い人は5gくらいから始めるといいみたいですよ。

または「レチシン」というサプリメントを使うことで腹痛対策が可能です。

もう1点は価格。

450gで2000円~3000円するものが多いです。

僕はサプリメントやプロテインを毎日飲んでいるのでこれ以上費用を増やしたくないというのが正直なところ。

ケトジェニックダイエット中限定ですね。

ダイエットはお金がかかる!

ココナッツオイルで代用?

MCTオイルは中鎖脂肪酸100%に対し、ココナッツオイルは60%となっています。

僕は1年半前に始めて実施したケトジェニックダイエットの際にはMCTオイルを使わずにココナッツオイルを使用しました。

ちゃんとケトーシス状態に入ることも出来ましたし75㎏から67㎏まで(身長175㎝)まで減量することが出来たので代用は可能といっていいと思います。

もちろんMCTオイルの方が効果は高そうですが。

ココナッツオイルは無味無臭ではなくココナッツの香り、味がしますのでプロテインに混ぜるのはイマイチでした。

オススメはホットコーヒーに混ぜて飲むことです。

風味があってイケます!

まとめ

MCTオイルはココナッツ由来の無味無臭の食用油です。

MCTは中鎖脂肪酸という意味で脂肪に変わらず素早くエネルギーに変換される特徴があります。

ケトジェニックダイエットにおいて重要なケトーシス状態への移行のサポートや空腹感を満たす効果があるのでダイエット効果が抜群です。

1日60gを朝昼晩に分けて飲むのが理想的ですが、お腹が弱い方は量を少なくするかサプリメント「レチシン」を試してみてください。

今回のケトジェニックダイエットはまだ1週間経過。

今後の状況もお伝え出来たらと思います!それでは。

 

スポンサーリンク



コメントを残す