円形脱毛症の人は海水浴に行ける?海が髪の毛に与える悪影響とオススメの対策とは?

スポンサーリンク



せっかくの夏なら夏らしく海で海水浴やバーベキューをしてワイワイ遊びたいところですよね!

ですが、海に入ると髪がキシキシになってしまいます。

髪の毛が傷んでしまっているんでしょう。

円形脱毛症を発症している人は早期改善を目指すなら海水浴には注意が必要です。

今回は海水浴に行くことで髪の毛にどんな影響が出るのか、円形脱毛症の人はどう対策すればいいのか、紹介していきたいと思います。

海水に含まれる髪の毛に悪い成分について

髪の毛が海水に濡れると髪の毛がキシキシになるということは誰でも知っていることでしょう。

海水の成分としては

  • 塩化ナトリウム(約80%)
  • 塩化マグネシウム(約10%)
  • 硫酸カルシウム(約4%)
  • 硫酸マグネシウム(約6%)

などがあります。

問題はマグネシウムとカルシウムです。

塩化マグネシウムは髪の毛を構成しているタンパク質の「ケラチン」を固める働きがあり、髪の毛が傷む原因になってしまいます。

また、海水を落とさずに放置するとケラチンが髪の毛から溶け出してしまうことになります。

その他にも硫酸カルシウムと硫酸マグネシウムに含まれる硫酸は髪の毛にダメージを与える原因になります。

海水の塩分による脱水

海水に含まれる塩分濃度は約3.5%と言われています。

それに対して人の体液の塩分濃度は約0.9%です。

髪の毛にどれくらいの塩分が含まれているのかは分かりませんが、海水よりも低いのは明らかです。

そして、

「塩分濃度の高い海水」が「それより低い髪の毛」に付着すると塩分濃度を一定に保とうとする体の働きで髪の毛の水分が奪われてしまいます。

これによって髪の毛が傷んでしまいます。

難しいですが、簡単に言うと「塩分に髪の毛の水分が奪われて傷む」ということです。

髪は弱酸性で海水はアルカリ性

水の性質を表すものに「pH」という単位があります。

酸性か中性かアルカリ性かって話ですね。

髪の毛は弱酸性(pH5前後)で海水はアルカリ性(pH8前後)の性質になります。

この違いがどう影響するのか。

髪の毛が海水に浸ったり塩分にさらされると髪の毛は性質はアルカリ性に傾きます。

髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開いて栄養や水分が流れ出てしまい、これが髪の毛を傷める原因になってしまします。

 

紫外線が髪の毛に与える影響

海水浴に行くとずっとテントやパラソルの下にでもいない限り紫外線からは逃げることができません。

紫外線は髪の毛に吸収され、髪の毛を作っているタンパク質などの栄養素が破壊されてダメージにつながります。

その結果、切れ毛、抜け毛、色落ちの原因となってしまうんです。

また、紫外線は頭皮に浴びることも良くありません。

帽子などの紫外線対策は必ずしておきたいですね。

円形脱毛症の海水浴対策

スポンサーリンク


これまで紹介してきたように海水浴は髪の毛を傷める危険が盛りだくさんです。

円形脱毛症の人はどう対策していけばいいでしょうか。

海水で髪の毛を濡らさないこと

まずは髪の毛を海水で濡らすことを避けるようにしましょう。

円形脱毛症の人は既に髪の毛が弱っている状態なのでさらにダメージを加えるようなことは避けたいです。

濡れてないから大丈夫!とは思わないでください!

海水浴場には潮風が吹いているので、それだけでも髪の毛に少なからず影響はあります。

濡れていなくても変える前には真水で髪の毛を流して帰りましょう。

帽子を被る

僕は円形脱毛症の人は帽子を被ることが一番だと思っています。

潮風や紫外線を髪の毛に負担をかけるこなく避けることが出来るので。

日傘やパラソルを使うと更に良いです。

最近ではUVカットできるトリートメント、スプレー、整髪料など出てきていますが、円形脱毛症を発症している人はあまり使うことをオススメできません。

髪の毛への負担が少ない帽子にしておきましょう。

帽子も被り方次第では髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

以前に帽子についての記事も書いているのでよかったら見てください。

円形脱毛症や薄毛を帽子で守る!役割を理解して正しく使用する方法。

円形脱毛症の人は海水浴を避けるのがベスト

これまで円形脱毛症の人向けに海水浴対策を書いてきましたが、一番は海水浴は我慢することだと思います。

円形脱毛症の多くの人は1年以内に完治すると言われています。

早期回復のためにも1シーズン我慢するのも自分の為だと思います。

どうしても行きたい、誘いを断った方がストレスが溜まるって思う人は紹介した対策を試してみてください。

まとめ

海水浴は最高に楽しいですが、残念ながら髪の毛に悪影響を与える環境が溢れています。

  • カルシウムとマグネシウムによる髪の毛へのダメージ
  • 海水、潮風の塩分による髪の毛の脱水
  • 海水のアルカリ性によるキューティクルへのダメージ

対策としては帽子を被って髪の毛を海水に濡らさないようにすることが大切です。

海水に濡れなくても帰りは必ず真水で髪の毛を洗って塩分を残さないようにしましょう。

円形脱毛症の人はできれば海水浴を避けるのが一番です。

辛いかもしれませんが今年は我慢して、来年の海を楽しめるように、治療や生活改善をやっていきましょう。

今回は以上です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す