脂肪燃焼モード「ケトーシス状態」になって経験した体の変化とは?

スポンサーリンク



健康な体と髪の毛の為に人生二回目のダイエット中の僕です。

糖質を制限するケトジェニックダイエットを開始して3週間が経ちました。

先週くらいから脂肪が燃える体「ケトーシス状態」に入った気がしています。

今回はそのケトーシス状態についてお話しようと思います。

始めてのケトジェニックダイエットも記事にしているのでよかったら参考にしてください。

一人暮らしのケトジェニックダイエット。実践内容と継続のコツ。

痩せる体質「ケトーシス状態」とは?

ケトーシス状態とは糖質を制限してタンパク質、脂質をたくさん摂ることで血中のケトン体という物質が増えている状態のことを言います。

体内の糖分が不足すると体は脂肪を分解してエネルギー源にします。

そのときに生成されるのがケトン体です。

つまり、脂肪が燃えやすい状態にある

ということです。

ケトーシスとケトアシドーシスって違うの?

ケトーシスと似た言葉にケトアシドーシスというものがあります。

ケトアシドーシスは血液中にケトン体が増えすぎて血液が酸性に大きく傾いた状態のことを指します。

症状としては全身の倦怠感、頭痛、嘔吐や下痢、最悪なら昏睡状態になってしまうこともあります。

「じゃ糖質制限したらマズいんじゃ・・」

と思うかもしれませんが糖質制限によってケトアシドーシスになることは無いという考えが多いようです。

ケトアシドーシス主に糖尿病の方がインスリンが不足することによる異常代謝によって起こります。

生理的なものである糖質制限によるケトン体の生成とは別物と考えるようにしましょう。

 

ケトーシス状態に入って感じた体の変化とは?

糖質制限をしてみたものの、いつケトーシス状態に入るのか?もう入ったのか?分からないという方もいるでしょう。

そのサインとなるのが体臭の変化です

脂肪が分解され、体内の血液中にケトン体が増えることで、口臭や体臭がキツくなると言われています。

この臭いのことを「ダイエット臭」とか「ケトン臭」と呼びます。

甘酸っぱい臭いが特徴とも言われますが、

「僕の感覚では汗臭さが増す」

という風に感じます。

体の芯からジワジワ汗をかくような感覚になり、明らかに体が臭くなります。

今の暑い時期は出社した時点で臭いです。( ノД`)シクシク…

周りのから言われることはないんですが気づいてるはず。(笑)

僕がこの感覚になったのは糖質制限後10日ほど経ってからでした。

ケトン臭対策ってある?

スポンサーリンク



気になるケトン臭の対策ですが、一番推奨されているのが

「アルカリ性の食品を摂取すること」です。

ケトン体をエネルギーに使う体になると体内は酸性に寄ります。

中和する為にも大豆、海藻類などのアルカリ性食品を摂取して見ましょう。

僕は納豆を積極的に食べてますが、正直効果は感じません。

多少は臭いを抑えられているのか、量が足りないのかは分からないですね。

僕がやっている対策は香水とデオドラントスプレーです。

朝、シャワーを浴びて軽い香りの香水をつける、臭いが気になればデオドラントスプレーでごまかす。

といった感じで凌いでいます。

2回目以降のケトジェニックダイエットはケトーシスになりやすい?

ケトーシス状態について色々調べていると

ケトジェニックダイエット2回目以降はケトーシス状態になりやすい

という情報がありました。

1度ケトン体をエネルギー源にする回路が開通すると次からはスムーズに移行できるとのことでした。

逆にいうと初回が1番苦労するということです。

ちなみにケトーシス状態に移行した僕の記録は

  • 初回約2週間
  • 2回目約10日

でした。ケトン臭で判断したので曖昧ですが。

初回と2回目で1年半くらい間が空いたので移行に少し時間がかかったのかもしれません。

今回はMCTオイルという秘策を使ったので早かっただけかもしれません。

MCTオイルでケトジェニックダイエット。効果とオススメの飲み方。

糖質を制限して頭がボーっとしない?

お腹が空くと頭がボーっとして集中できない、イライラするといった経験は誰にでもありますよね。

これは血中の糖分が不足することにによって起こります。

僕の会社の女性も糖分が足りない!とか言ってよくチョコを食べてます。

糖質を制限すると仕事にならないんじゃない?

と思う人もいるかもしれませんが、ケトーシス状態に入ればそうはなりません。

もちろん体がケトーシス状態になっていない糖質制限開始後1週間はボーっとすることもありました。

でもケトーシス状態に入ればむしろ逆!

ケトン体は脳神経のエネルギー源になるので集中力が上がるとも言われています。

正直、ボーっとすることはなくなりましたが集中力が上がったとも感じません(笑)

 

まとめ

 

ケトーシス状態とは脂肪を分解してケトン体が血液中に増えるている状態のことです。

ケトン体が増えると甘酸っぱい口臭、体臭がしてくるのでそれがケトーシス状態に移行したサインとなります。

暑い時期は気になる臭いなのでアルカリ性食品の摂取や香水、デオドラントスプレーで対策してみるのもいいかもしれません。

 

 

当ブログは円形脱毛症がメインのテーマですが、髪の毛の為には肥満は大敵だと思っていますので今後もダイエット関連の記事も書いていきたいと思います。

人生2回目のケトジェニックダイエットの結果についてはまた改めて報告させてもらいます!

 

スポンサーリンク



コメントを残す