僕が体験した襟足の円形脱毛症。抜け始める時期と生え始める時期とは?

スポンサーリンク



僕は自分が自分が円形脱毛症になったとき、

「他の人はどんな症状が出たんだろう」

「同じような脱毛の仕方の人っているのかな」

とネットを徘徊しました。

僕の経験が少しでも参考になればと思って今回は襟足付近の脱毛症状について紹介したいと思います。

襟足付近に円形脱毛症を発症。

僕は昨年12月に多発型の円形脱毛症を体験していますが、

襟足付近にも大きな脱毛箇所ができました。

大きさでいうと500円玉くらいだと思います。

複数出来る事はなく、襟足付近にできたのは1箇所です。

襟足の円形脱毛症の発症時期。

最初に脱毛に気づいたのは頭頂部でした。

そのあとに側頭部も抜けてきていることに気づき、襟足の脱毛に気づいたのは最後でした。

なので、抜け始めのタイミングとしては、はっきりとは分かりませんが症状を発症してから後半にあたると思います。

僕が経験した円形脱毛症の初期症状とは? の記事はこちら。

襟足の円形脱毛症の生え始めの時期。

僕の場合、生え始める順番は一番最初に抜け始めた頭頂部から始まって襟足が一番最後に生え揃いました。

これは単純に抜けたところから生えてきたという事になりますが、襟足に関しては抜けた時期から考えても改善に時間がかかったと思います。

もちろん回復にも個人差があるので必ず襟足の症状の回復が遅いとは限らないと思います。

円形脱毛症の回復のタイミング。いつどこから生える? の記事はこちら。

襟足の脱毛箇所は隠しやすい

スポンサーリンク


ただ、襟足の円形脱毛症は僕が発症したくらいの大きさならまだ隠しやすいです。

僕の場合は、いつも髪を切ってもらっている美容師さんにうまく隠れるように長さを調整してもらい、ワックスなどの整髪料を付ける場合には髪を立たせずに、ペタっと固定する感じでセットしていました。

もしかしたら1000円カットみたいな、安くて早いを売りにしている美容室や床屋では上手にやってくれないかもしれません。

女性の場合はエクステである程度はカバーできますし襟足の円形脱毛症は重症でなければ落ち込まなくても大丈夫ですよ。

意外と人は見ていないですから。

襟足の脱毛症状。円形脱毛症以外の可能性。

襟足の脱毛症状は円形脱毛症でない可能性もあります。

  1. 抜毛症
  2. ひこう性脱毛症
  3. 脂漏性脱毛症

それぞれ調べてみたので紹介します。

抜毛症

抜毛症は髪の毛が抜けてしまうわけではなく、自分で髪を抜いてしまう癖や習慣を発症してしまう症状。

脱毛箇所に気づくまで知らず知らずのうちにやってしまっている事が多いです。

人の修正上、利き手を使う場合が多いので利き手側に脱毛箇所が出来る傾向が強く、範囲が広い場合は抜毛症の疑いも考えましょう。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症とはフケが異常に発生していまい、毛穴を塞いでしますことで脱毛してします症状です。

ホルモンバランスの影響やシャンプーが肌に合っていなかったり、アレルギー体質が影響して発症します。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは皮脂の分泌増加により常在菌が異常繁殖し、頭皮炎症を起こすことが原因で脱毛してしまう症状のことをいいます。

脂っこいものばかりを食べる生活習慣や皮脂の洗い残しや、ストレスによるホルモン異常も皮脂分泌の増加に繋がります。

湿疹、かゆみ、フケ増加の症状が出ていれば脂漏性脱毛症の可能性があります。

自分で円形脱毛症と決めつけない

僕の場合は頭頂部に円形脱毛症が出来たのが最初だったので円形脱毛症による襟足の脱毛症だと判断できました。

症状が違う方は他の脱毛症の可能性があるかもしれません。

症状が違うと治療法も違います。

自己判断によって症状をさらに悪化させることもあるかもしれません。

いずれにしても自己判断せずに病院、クリニックに行って相談するべきだと思います。

まとめ

今回は僕が経験した襟足の脱毛症状について紹介させてもらいました。

僕の場合は、

  • 大きさは500円玉ほど
  • 発症箇所では最後の方に脱毛
  • 回復は一番最後

といった状況でした。

襟足の脱毛箇所は比較的隠しやすいのであまり気にする事はないと思います。

毛並みに沿って髪の毛を固定してあげれば大丈夫です。(重症の方には申し訳ないと思います。)

襟足の脱毛では円形脱毛症以外の脱毛症の可能性も考えられますので自分で判断せずに専門の病院を受診するようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す