スポーツ観戦がストレス発散になる3つの理由。ストレス発散にならない場合も?

スポンサーリンク



今年も夏の甲子園が終わりましたね。

大阪桐蔭は王者の貫禄でした。

僕は素直に勝って当然のプレシャーの中で優勝したことがスゴイと思いました。

金足農業高校も投手の山口君を筆頭に素晴らしい躍進だったけど、大阪桐蔭より話題になっている気がしてメディアの恐ろしさを感じます。(笑)

今回考えていきたいのはそういう話ではなくてスポーツ観戦とストレスについてです。

僕は高校野球だけでなく、プロ野球とかオリンピックとかも見るのが好きなんですが、ストレスの解消には役立っているのでしょうか。

もしかして逆にストレスになっている?

スポーツ観戦がストレス解消になる理由

スポーツ観戦をすることでストレスは発散できているんでしょうか?

僕は間違いなく、スポーツ観戦がストレス発散になっています!

具体的にどういった状況がストレス発散に繋がるか考えていきましょう。

大声を出して感情を出せる

野球やサッカーの試合を見に行ったことはありますか?

何千、何万の人が応援団の掛け声に合わせて大きな声で応援をします。

歌手やアイドルのライブに行ったときの感覚に近いとも言えるでしょう。

カラオケでお腹から声を出して好きな歌を歌うとスッキリしますよね?

これには根拠があってストレスが溜まると分泌される「コルチゾール」というホルモンがカラオケで好きな歌を歌うことで減少したというデータがあります。

大きな声で応援してストレスが発散されるというのは本当みたいです。

好きなチームや選手を応援することは同じ様にストレス発散効果を得られると言っていいでしょう。

スポーツ観戦に行ったときは恥ずかしがらずに大きな声で応援してみてください!

カラオケとストレスの関係についてはNIKKEI STYLEの記事で紹介してあるので興味があればどうぞ。

NIKKEI STYLE:カラオケで気分スッキリには、科学的根拠があった 

喜怒哀楽を表に出してストレス発散

応援しているチームや選手が勝ったら喜び、負けたら悲しむ。または感動することでストレスは発散されます。

年を重ねると中々感情を爆発させる機会はありません。

選手と感情を共有できるというのも素晴らしいですね!

ただ、応援している方が負けることが逆にストレスになってしまう人もいるでしょう。

そういう人には「嫌な部分は見ない」という作戦がオススメ!

僕は応援しているプロ野球球団のソフトバンクホークスが大敗している試合は途中から見ないことが多いです。もしくは負けが決定的になったら見ないとか。

そのあとに逆転して見なかったことを後悔することもたまーにありますが。

ヤジを飛ばしてストレス発散!なんて人もいるかもしれませんが、選手や周りの人の気分を害することになるのでヤメテアゲテ。

仲間と感情を共有できる

上記に書いた喜怒哀楽の表現によるストレス発散効果と似たような所ですね。

家族、友人、恋人などとスポーツ観戦に行って同じチームや選手を応援し、感情を共有することは気持ちのいいものです。

負けても一緒に悔しがれるというのもいいですね。

最近では生で観戦できなくてもパブリックビューやスポーツバーでの観戦も増えてきています。

そういった場所では初めて会った人とも意気投合しちゃったりして思っている以上に楽しめるかもしれません。

お酒を飲める人は程よく酔っぱらって勢いで楽しんでみてください!

サッカーのワールドカップとか4年に1度のオリンピックの時なんかはオススメです!

ストレスに負けない体の作り方。ビタミンCの意外な効果とは?

種目によってはストレス発散できない?

考え方にもよりますが、種目によってはストレス発散にならないものもあるかもしれません。

例えばゴルフ。

マナーとして選手が打つ前は静かにしとかなきゃいけないですし、ナイスショットが出ても「おおー!スゲー!」って感じで「ヨッシャー!」にはなりません。

違い分かります?(笑)

僕はゴルフも好きなので見ますが、ストレス発散とは違って「興味がある」といった感じ。

逆にサッカーや野球だと点が入ったときやピンチを乗り切ったときに「ヨッシャー!」ってなりますよね?

そう考えると

  • 興味なない種目
  • ルールの知らない種目

といった所はストレス発散にはならないかもしれないですね。

少し前では「カープ女子」とか話題になってましたが、野球のルールはどれだけの女子が知っているのでしょう。

カッコイイ選手を見る事でストレス発散になっているのか?

まぁ楽しみ方、ストレス発散の仕方は人それぞれですが!

観戦するならルールに詳しい人と一緒だと楽しめるでしょう。

男性の方がスポーツ観戦に向いている?

スポーツ観戦によってストレス発散をするのは女性より男性の方が向いているのかもしれません。

スポーツ観戦の楽しみの一つとして「勝敗」というものがあります。

応援している方に勝って欲しいからドキドキするし、声を出して応援します。

この「勝負を楽しむ」という考え方は男性が多く持っている「テストステロン」というホルモンの働きによるものです。

テストステロンは性欲や、筋肉を作る働きの他に、男性本来の雄としての闘争心を駆り立てる働きもあります。

男性よりもテストステロンが少ない女性にはスポーツ観戦よりもカラオケやライブに行く方がストレス発散になるのかもしれませんね。

まとめ

スポーツ観戦は

  • 大きな声を出して応援する
  • 普段出せない喜怒哀楽を表現する
  • 仲間と感情を共有する

といった3点でストレス発散に役立つと思います。

でも種目によってはこの3点を体感できず、ストレス発散にならないものもあるかもしれません。

また、スポーツ観戦によるストレス発散はホルモンのバランス上、男性の方が向いているかもしれません。

スポーツ観戦が逆にストレスになってしまう人はその他の自分にあったストレス発散方法に挑戦してみてください!

スポンサーリンク



コメントを残す