【アイマスク1ヵ月使ってみた】部屋を暗くして寝ても睡眠の質が悪くなる理由とは?

スポンサーリンク



髪の毛は寝ている間に成長する。

分かっていても仕事が終わるのが遅く、朝が早いという厳しい状況に置かれている社会人の人は多いのでは?

僕もその一人で睡眠時間は4時間~5時間が平均。

それに加えてストレスが溜まっていたり嫌な事があると全く寝れないことがチラホラ。

そりゃ円形脱毛症にもなりますよね。

そんな状況を打破するべく日頃から色々と試していますが今回は「アイマスク」について調べてみました。

僕みたいに寝るときに半目状態になりがちの人は注目です!

アイマスクの効果

アイマスクの一番の効果はなんといっても光の遮断!

目はわずかな光でも敏感に感じ取ってしまい、筋肉が動いてしまいます。

寝ている間に光を浴びてしまっていると体は休めても目は休めていないというわけです。

また、光を遮断することでメラトニンの分泌が促進されることもメリットの1つです。

メラトニンは夜になると分泌が増えるホルモンで夜に自然に眠くなってくるのもメラトニンの働きによるものです。

すなわち、質の良い睡眠にはメラトニンが必要不可欠というわけですが、メラトニンはより暗い環境の方が分泌されやすいものです。

アイマスクをすることでメラトニンの分泌を促せるというわけです。

睡眠を促すホルモン「メラトニン」。快適な睡眠で健康な髪を育てる!

夜間に浴びる光が体内時計を狂わす

「普段から部屋は真っ暗にしてるからアイマスクは必要ない!」って人もいるでしょう。

でも残念ながら、意識しなくても浴びてしまう夜間の光も存在します。

自分の睡眠の質が悪いと感じている人はチェックしてみてください。

スマホやタブレットの光

スマートフォンやタブレットで目覚まし時計を設定している人は多いのでは?

僕は両方使っていますが、そういった人は枕元に端末を置いているはずです。

もちろん、これらの画面はずっと光っている訳ではないですが、ニュースやSNS、その他アプリのお知らせなどで画面が光ることは少なくありません。

iPhoneなら「おやすみモード」で通知や電話をカットできるのでオススメです。

目覚ましはちゃんと鳴るので安心してください!

仕事で自分のスマートフォンを使う人はおやすみモードの切り忘れに注意ですね。

終了時間の設定なんかもできるので活用してみてください!

台所の光、寝室の豆電球

部屋を真っ暗にするのが苦手で台所の電気や寝室の豆電球を付けて寝る人はいますか?

そのわずかな光が睡眠の質を落とす原因になっているかもしれません。

僕はワンルームのアパートに住んでいますが扉一つ挟んだ台所の電球をつけっぱなしで寝る態勢に入ることがよくありました。

すりガラスの扉で若干光が漏れてくるだけなんですが、これがあるのとないのでは全然寝つきが変わってきます。

寝室の豆電球も同じですが、寝つきが悪い、寝たけど疲れがとれないという人は注意してみてください。

街灯、車など外からの光

夜になって外が暗くなるといっても街灯や車の照明などによって真っ暗になるわけではありません。

寝る時に部屋の照明を消しても外からの僅かな光が睡眠の邪魔をしてしまいます。

実際、海外の研究でも光の多い市街地に住む人の方が睡眠の質が悪いという報告もされています。

朝が苦手で朝日で目を覚ます為にカーテンを開けて寝る人は注意が必要です。

カーテンを閉めるかアイマスクをして睡眠の質を高めましょう。

寝る時に半目になる人っています?

自分では気づくことが難しいですが、寝ているときに半目になってしまう人っていますよね?

僕は学生の頃から親とか友達に指摘されてきたので自分が半目で寝ていると知っています。

半目になってしまう原因として下記のことが関係しています。

  • 眼球自体が大きい
  • 眼球が露出している部分が大きい
  • まぶたの筋肉の緊張、筋力低下

目をつぶっていてもまぶたが僅かに光を通して睡眠の質を落としてしまうのに半目だったら影響はさらに大きいですよね?

ドライアイの原因にもなるので自分が半目になっているかどうか家族やパートナーに確認してもらうのもいいでしょう。

ドライアイと円形脱毛症には共通点が?

僕みたいな人は是非ともアイマスクを試してみて欲しい!

1ヵ月アイマスクを使ってみた感想!

僕自身、ずっと寝ても疲れが取れないことに悩んでいるのでアイマスクをして寝るようにしてみました。

アイマスクを調べてみると選択肢は色々あったんですが、まずはお試しで100均で購入!

意外としっかりしているし、耳や鼻にも違和感はなかったです。

正直に言うと目覚めが良くなったとか疲れが取れたとかはありません。

でも、寝つきはスゴイ良くなったと思います。

アイマスクを付けるとホントに目の前が真っ暗になります。

先ほど紹介したように自分で部屋を真っ暗にしたつもりでも、何かしらの光を浴びているんだなと感じました。

アイマスクをしたからといって寝坊したということもこの一ヶ月ではありませんでした。

僕は営業マンなんですが、これをキッカケに営業車にもアイマスクを乗せています。

仮眠にも最適ですよ!

まとめ

  • アイマスクを使って光を遮断して寝ることで目、まぶたの筋肉を休めることができ、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌を促す効果がある。
  • 部屋を暗くして寝ているつもりでも①スマートフォンやタブレットの照明街灯②車のライトなど外からの光③台所や寝室の僅かな光などが睡眠の質を落としているかもしれない
  • 半目で寝てしまう人は僅かな光でも睡眠の質が悪くなりやすいのでアイマスクがオススメ。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す