なぜ買い物をするとストレス発散になる?ボーナスを使う前に知っておきたい事。

スポンサーリンク



欲しい物にお金を使ってストレスを発散するという事を皆さんはやっていますか?

なぜ欲しいものを買うとストレスが発散するのか。

欲しいものが手に入るから?

お金を使うから?

このストレス発散方法は正しいのでしょうか?

もうすぐボーナスの時期なので買い物とストレスについて考えたいと思います。

なぜ買い物がストレス発散になる?

買い物でストレスが発散できる理由はどういったことが考えられるでしょうか?

優越感、満足感。色々あると思います。

では具体的に考えていきましょう。

 

欲しいものを手に入れた満足感

欲しいものが買えたという満足感。これはストレス発散になりますよね!

自分の欲が満たされるというのはとても幸せなことです。

服やバック、アクセサリーなど、自分の好きなものを身につけていると自分に自信がついたり、仕事のモチベーションも上がったりするものです。

残念のはその幸福感はずっと続くわけではないということです。

僕でいうと奮発して買った車とかテレビとか。

最初は嬉しくてしょうがないんですが1年も経つと持っているのが当然と思う様になってしまいますよね。

高価なモノほど買い物は慎重にすべきです。

  • 本当にこれが欲しいのか?
  • 後悔しないか?
  • 他に欲しいものはないか?

じっくり自問自答してみましょう。

買い物をすることで得られる優越感

お店に行って買い物をすると店員さんが色んな提案をしてくれることもあるでしょう。

正直、話しかけて欲しくない。といった人もいるかもしれませんが、人によっては優越感を得られ、気持ち良くなるものです。

多くの人が周りに目上の人がいて毎日気を使ってストレスを溜め込んでいるでしょう。

でもお客様であるときは丁寧に扱われて良い気分になるものです。

だからといって店員さんに偉そうな態度をとるのはよくないですよ!

 

お金を使うことでストレス発散になる

なぜ買い物をするとストレスが発散できるのか?

先ほど紹介したように満足感、優越感もありますが、もう1つの理由がお金を使うからです。

買い物だけでなく、奮発して美味しいものを食べたり、旅行に行くことは行為そのもの

脳内物質のドーパミンの分泌による快楽

ずっと欲しかったものが手に入ると嬉しいし、買ったものを見ているだけで幸せな気持ちになりますよね?

これは自分の欲求が満たされたことで、脳内でドーパミンという物質が分泌されることで起こります。

「欲しいものを買う」ということはストレス発散に繋がるかもしれませんが、注意点もあります。

それはドーパミンによる快楽は中毒性があるという事です。

買い物をする為に仕事やアルバイトを頑張ったり、節約したりすることは良い事ですが、最悪の場合は買い物依存症に繋がる原因にもなってしまいます。

タバコやアルコールの中毒性、ギャンブル依存症にもドーパミンは関わりがあるとも言われているので、買い物欲を満たし続けるのは注意が必要です。

子供に教えるように大人にも我慢も必要ということです。

 

買い物によるストレス発散はすべきではない?

ここまで紹介してきたように買い物は確かにストレス発散効果があります。

ですが、買い物が楽しい事、気持ちがいい、と学習してしまうと買い物をしないとストレス発散ができない体になってしまいます。

いわゆる買い物依存症です。

このメカニズムはギャンブル依存症と同じといってもいいでしょう。

買い物は楽しいですが、しっかりと自分をコントロールしなくては中毒になってしまいますよ!

 

良い買い物の仕方ってあるの?

ストレス発散ができて買い物依存症にならない方法とかあるんでしょうか?

 

いくつかポイントを紹介します。

自分の中に限度額を設けること

ストレス溜まってるし今日はがっつり買い物しよう!

そりゃお金使って欲しいものが手に入るとストレス発散になりすよね。

でも勢い余ってお金を使い過ぎた。なんてこともよくある話。

そのせいで生活が厳しくなったり、せっかくのボーナスが支払いで飛んで行ったりして逆にストレスを溜める結果となってしまいます。

買い物をするときは無理のない金額と決めておくこと、その金額内に収めることを守るようにしましょう。

買おうとしているものは本当に必要か考える

買い物をする前に「ホントにこれが必要?」「今じゃないといけないの?」自問自答するように心掛けてみてください。

買い物で多いのが服とかバックとかファッション系のものだと思います。

僕もそれなりにオシャレは好きで数年前まではブランド物の服、デニムを買っていました。

もちろん買って嬉しですし、着るとテンション上がります。

でも仕事していると私服着る機会も少ないですよね。

あっという間に流行が変わってしまって後悔に変わる。

無駄な買い物をしたと逆にストレスを溜めることになっていませんか?

「経験を買う」ことも視野に入れる

旅行に行ったり、普段食べれない美味しいものを食べることにお金を使うことも「経験を買う」という買い物の一つです。

ショッピングと違って形には残らないですが、お金を払って経験したことって意外と後悔しないものです。

形が残らない代わりに思い出が残り、それを思い出すことが幸福感やモチベーションのアップに繋がります。

お金に余裕があるときはそういった経験を買うという事も検討してみてください。

 

ストレス発散の手段は買い物だけではない

確かに買い物をするということはストレス発散になりますが、

これまで紹介してきたようにお金を使い過ぎたり無駄な物を買ってしまったりと逆に自分の首を絞めることになるリスクもあります。

ストレス発散の方法が買い物に限定されてしまうと買い物依存症になってせっかくの人生が台無しになるかもしれません。

ストレス発散の手段は運動、音楽、読書、ゲームと探せば色々出てきます。

今回は買い物によるストレス発散をテーマに考えてきましたが、自分に合ったストレス発散法も考えてみましょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す