ストレスが原因で肩こりに!?病院で処方された薬と効果とは?

スポンサーリンク



最近、肩こりに悩まされていませんか?

年度末になって仕事が忙しくなってきた人も多いと思いますが「デスクワークが増えたせい」だとか「姿勢が悪いせい」だと思っていませんか?

もちろんその可能性もありますが、実は違うかもしれません。

僕は前回、頭が重い、寝れないといった症状について記事を書きましたが、病院で診察を受けると原因は神経疲労と言われました。

ストレスが溜まり過ぎて僕の体に起きた異変!

その診察の際に、若いのに肩こりがひどいのも気になると言われ、ストレスによる神経疲労と肩こりは関係が深いということを知りました。

実はあなたの肩こりもストレスが原因かもしれません!

なぜストレスを感じると肩がこる?

まず、なぜストレスによって肩こりが起こるのか?という所からですが、

人には自律神経というものが備わっています。

自律神経は内臓や血管、筋肉などを自分の意志とは関係なくコントロールしてくれる神経で交感神経と副交感神経に分かれます。

交感神経は体の緊張を促し、副交感神経はリラックスを促します。

ストレスを受けると自律神経のうち、交感神経が刺激されることで肩首回りの血管や筋肉が緊張し、これが原因で肩こりが起こります。

ストレスが原因で肩こりになっている場合は積極的にストレス発散に取り組む必要があるんです。

自分に合ったストレス発散で肩こり解消

ストレスによる肩こりはストレス発散で解消するしかありません。

  • 運動、スポーツ
  • カラオケ、ボーリングなどレジャー活動
  • 入浴、温泉
  • 自分の趣味

ストレスを発散するとなるとありきたりなものしか思い浮かびませんが、休みの日にダラダラしているくらいなら

思い切って行動に移しましょう。

ネットサーフィンやゲームが趣味だって人は余計に肩こりが悪化しそうなので他を考えた方がいいかもしれません。。。

そしてもう一つの選択肢が病院に行ってみるということ。

病院に行くのも一つの選択肢

肩こりごときで病院なんて!

若い人ほど思ってしまいそうですが、医療をナメてはいけません!

病院で薬を処方してもらったらストレスが原因の肩こりは解消するかもしれません。

※僕は肩こりで病院へ行ったのではなく、めまい、耳鳴りで脳神経外科を受診しました。

僕が病院で処方してもらった薬を紹介!

僕が病院で処方してもらったのは「メチコバール」と「ジェフェニドール塩酸塩」。

このうち、メチコバールにはビタミンB12が含まれていて傷ついた末梢神経を修復してくれる働きがあるとのこと。

末梢神経?自律神経?と頭がごちゃごちゃになりそうですね。

そんな人は末梢神経の内の自律神経と考えてもらえば分かりやすいと思います。

つまり、「ビタミンB12で自律神経を整える薬」ということ。

ちなみに僕が処方されたのはメチコバール250㎍(マイクログラム)で一日3回食後に錠剤を飲むというもの。

用法用量は医師の指示にしたがってくださいね!

もう一つのジェフェニドール塩酸塩はめまいを治す薬です。

メチコバールは効果あった?

「じゃあメチコバール飲めば肩こりが治るんか!」

残念ながらそんなに簡単な話ではないと思います。

僕の感じとしては「楽になった」という表現が適しているかと。

効果は個人によって異なるので大幅に改善する人もいれば効果を感じられない人がいてもおかしくありません。

薬に頼るだけでなく、ストレス対策や血行改善対策はやっていくべきでしょう。

ビタミンB12を食べ物から摂取できる?

「ビタミンB12を食事から摂るには何を食べればいいのか?」

調べてみたところ

  • しじみ、あかがい、あさりなどの貝類
  • 牛、鶏、豚肉のレバー
  • いわし、さんまなどの魚類

に多く含まれていることが分かりました。

注意すべきは野菜や果物には含まれていないということ。

野菜中心のベジタリアンの人は注意したいですね。

「やべー俺ぜんぜん足りてないわ」

って人も心配しなくていいかもしれません。

ビタミンB12の一日あたりの推奨摂取量は2.4㎍ですが、よっぽど偏った食事をしていない限り

不足することはないようです。

また、摂取しすぎても体に悪影響はないとのこと。

出典:簡単!栄養andカロリー計算|ビタミンB12の多い食品と、食品のビタミンB12の含有量一覧表

 

まとめ

  • ストレスによって末梢神経が傷つき、それが肩こりの原因になることがあります。
  • 対策としてストレス発散を意識することは大事ですが、病院に行ってみるものアリ。
  • ビタミンB12には神経を修復する効果があり、自律神経を整えてくれます。
  • ビタミンB12は食べ物からも摂取できるが、欠乏することの方が少ないです。

肩こりの対策として体を温めたりマッサージに行ったりストレッチに取り組んだりしてる人は多いと思いますが、

病院に行ってみるのもアリかもしれません。

ストレスによる神経の損傷が原因になっているなら薬を処方してもらって少しは楽になるかもしれません。

今回は僕が処方された薬を紹介しましたが、病院によっては違う薬を使う場合もあると思うのでそこはご了承ください。

 

今回は以上です!

 

スポンサーリンク



コメントを残す